夏期休業のお知らせ

下記期間を夏期休業とさせていただきます。

休業期間:8月9(日)~8月17(月)

 

なお、休業期間中は電話が繋がらない状態になります。ご了承ください。

また、8月18日(火)10:00より電話受付を再開いたします。

 

皆さんと元気にお会いできることを楽しみにしております。

どうぞ、事故やケガには十分ご注意されてお過ごし下さい。

自分の頭で考える

皆さんこんにちは、スタッフの井上です。知らぬ間に梅雨が明けてしまってセミの声も聞こえるようになりました。自分の実力を上げ、成長する夏にしたいものですね。

さて、今夏はいつもと様子が違うぞ、ということは誰しも感じていることと思いますが、私自身も危機感を持っています、かなり強烈に。1学期の内容が終わり切らないうちから、夏休みに入り、短い期間でも復習もしなきゃ!2学期の予習もしなきゃ!と焦っている人も多いかと思います。

例えば大学受験生の立場からすれば、共通テストの実施要項がやっと出たと思っていたら、コロナの影響で授業が少ない・夏休みが少ない・模試が受けられない…ないない尽くしの夏になってしまい本当に不安だろうと思います。しかし、だからこそ夏休みの使い方、しっかり考えて有意義なものに絶対しましょう。

さて、夏休みを成功させるには何が重要でしょうか??それは、ずばり「主体性」だと考えます。

お休み中は、毎日「時間割」はありません。学校なら、1時間目は数学、2時間目は体育で、3時間目は英語…といったように、言わばやることが決められています。授業も主体的に取り組むということはありますが、やるべき内容から自分で考えて実行するという必要は必ずしもありません。つまり、主体性をもって自分自身で考えられるかどうか、自立しているかが大切なんです。だからこそ、夏休みは人によって大きな差が出てしまいます。

実は、コロナの影響で学校が休校になってしまった時期も同じことを強く感じていました。本質的に大切なことは、どのような状況下でも変わらないのかもしれませんね。大きな試練は、その分、人を大きく成長させます。皆さんにとっても大きく伸びる夏にしてほしいですし、また私たちもそれに寄り添い共に成長できるようサポートにあたります!

二人の商人―成長する人の考え方―

いよいよ夏休みに突入しましたね!学校がお休みになるこの期間は、日々の過ごし方が生徒のみなさんの気持ち次第で大きく変わってくるので、1年の中でも特に差がつきやすい時期になります。僕からお伝えしたいのは、この期間を自分なりのテーマを持って過ごしてほしいということです。つまり目的・目標ですね。この夏休み期間が終わった後にどんな自分になっていたいのか、まずはみなさん自身の想いが大事です。勉強を頑張るというのは自分の想いを実現するための手段のひとつに過ぎません。ですから、理想の自分の姿(ゴール)を明確にイメージできていなければ勉強に限らずどんなことでも100%の力で頑張れないですよね。目標設定で大事なことは、自分何を達成することで誰にどんなプラスを与えたいのか、そして自分はどんなプラスを得たいのかを考えることです。例えば、夏休み中に英単語200個覚えてお家の人をびっくりさせたいな!とか、夏の模試で〇〇点を取って自信をつけたい!といった感じです。こういうことが自分の中でしっかりイメージできて初めて「いつまでにこれをやろう!」とか「毎日これをやっていこう!」という行動指針が決まるわけです。目標設定がいかに大事なのかということをまずは頭に入れておいてください。

さて、ここからは二人の商人の話をしましょう。あるところに、町から町へと商品を売り歩く二人の商人がいました。二人が次の目的地であるAという町に向かう途中、目の前に大きな山が現れました。商人のひとりがこう言いました。

「大きな山だなぁ、トンネルでもあればみんな楽に越えられるのに…」

するともう一人の商人は返しました。

「確かにそうだな、でも俺はもっと高い方がいいな。なんなら10倍でもいい。」と。

「どうしてだい?」先ほどの商人が聞き返します。すると、もう一人の商人はこう答えたのです。

「もっと高い山なら俺のほかに誰も越えられないだろ?そうすればAの町ではライバルがいないから自分の商品を売り放題じゃないか!」

お話はここまでです。二人の商人の違いは考え方にあります。目の前に現れた大きな山は、僕たちが直面する壁のたとえですね。一方の商人はそれをネガティブ(ピンチ)に捉え、他方の商人はポジティブ(チャンス)に捉えています。成長をし続けられる人の考え方はどちらでしょう。なんとなく分かりますよね、もちろん後者の方です。目の前の壁をチャンスだと考えられる人は常に前向き思考です。そういう人は目の前の壁が高ければ高いほど自分に大きなプラスになると思っているので、困難な状況でも常にそれをクリアする方法を模索し、自分は必ずできる!という思考回路になっているのです。「大きな壁=大きな成長のチャンス」という風に考えて、どんな課題に直面しても積極的にチャレンジしていけるようになりましょう!

僕たちは今日ベストを尽くしただろうか?

あっという間に夏至を過ぎ、梅雨の時期も折り返し地点を迎える頃ですね。そういえば、「梅雨」の語源は様々な説があるようですが、その一つが、ちょうど梅雨入りした頃からが完熟した梅の収穫時期と重なるからというものらしいです。僕はこの時期になると、子どもの頃に住んでいた故郷の田舎で祖母が毎年自家製の梅干しを作っていたことを思い出します。完熟した生梅は6月中旬から7月上旬の短い期間しか手に入りません。生梅は塩と一緒に大きな瓶に漬け込み、その上から大きな重石を載せます。この重石を載せるのが僕の仕事でした。そして梅雨が明ける頃には、梅が浸るくらいまで梅酢が上がってきます。そして最後に、梅雨明けの3,4日晴れが続きそうな日を見計らって、梅をざるに並べて天日干しにします。天日にさらされた梅は赤く色づき、辺りには甘酸っぱい香りが広がるのです。実は夏バテ予防にもなる万能食材の梅干し、お家でも簡単に作れるので一度チャレンジしてみるのも面白いかもしれないですね!

さて、今回の本題に入りましょう!まずはある人物の言葉をひとつ紹介します。

「100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ。」

これは、お笑い芸人の松本人志さんの言葉として有名です。お笑いに対して常にストイックに向き合っているイメージの松本さんらしい言葉ですよね。今自分ができる全力を尽くす。本当は誰にでもできることなのですが、実際そういう気持ちで生きている人は少ないものです。もしかするとそれは、僕らは毎日が当たり前に続いていくと思い込んでいるからではないでしょうか。あるいは、チャンスなんていくらでもあると勘違いしているからではないでしょうか。今回ダメでも次頑張ればいいか、と思っている人は少なくないはずです。しかし、断言しますが今を頑張れない人に次を頑張れるわけがないのです。目の前に転がってきたチャンスに対してベストを尽くせない人に、次のチャンスなどあろうはずがありません。

生徒のみなさん、今日は自分のMAXを出せましたか?もし、今日全力を出せなかったとしても決してあなた自身がダメだということではありません。大事なのはこれからどうするか。人が常に問われているのはただ一つ、次にどう行動するのかなのです。

まずは明日の一日を想像してみてください。そして、絶対これをやろう!と自分で心に決めて下さい。そして、明日は何があろうとそれを達成してください。予定外のことがあっても何があってもです。自分で決めたことは何が何でも達成しようと行動に移す。これがベストを尽くすということなのです。明日やるべきことが明確になるだけでなんだかワクワクしてきますね!

1%の可能性に挑戦すること

今回は可能性に関するこんな名言を紹介しましょう。

 

「プロのスポーツ選手って確率が1%もあれば、十分、『できる!』と思うんです。」

 

これは、女子プロゴルファーの中嶋千尋さんがおっしゃった言葉です。この言葉を知るにはゴルフのツアーについて知らなければなりません。ゴルフのツアーはおよそ100名が参加します。1位と2位以下では賞金の額にも大きな差がありますし、世間からの注目も優勝者以外にはほとんど向けられることはありません。プロの世界はそれほどまでに厳しいのです。100人の中で優勝できるのはただ1人。つまり、確率で表すと約1%となるのです。プロのスポーツ選手の感覚ってすごいと思いませんか。たった1%の可能性だけで100%の自信を生み出せるのですから、まさに自己肯定感の塊ですね。

そう考えると、私たちは可能性が1%しかないことに挑戦しているでしょうか?皆さんが達成したいことで可能性が1%くらいのものってどんなものがありますか?99%のできない可能性ばかりに目がいって「どうせ無理だ…」となっていませんか?できない理由ではなく、できるようにする方法に目を向けていきたいですね。

中高生のみなさんにとってはまさに受験がそういう挑戦になるのではないでしょうか。しかし、みなさん模試の結果を思い出してください。合格可能性判定に1%なんて書いてあったことはありますか?(笑)みなさんが志望校に合格する可能性は、プロが日々命を懸けて挑んでいる勝負と比べてなんて成功の可能性の高いことか!そう考えれば「志望校、全然いけそうじゃん!」って思いません?

ちなみに、数学的に考えると成功率1%の課題を1回しか挑戦しなければもちろん成功率は1%ですが、400回挑戦したときの成功率は98%にまで上がるのです!回数を増やせば確率が上がるのは当たり前と言えばそうですが、大事なのはやり続ければほぼ間違いなく成功するということです。目標達成を成し遂げている人は運が良い人なのではなく、399回の挑戦と失敗を重ねている人なのです。みなさんも自分のやりたいこと、目指したいことを簡単にあきらめるのではなく「できる」思考でどんどん挑戦していきましょう!

状況に合わせて変化していこう!

こんにちは!新型コロナウイルスの影響で学校の休校が続き、新入生のみなさんにとってはせっかくの制服も冬服にほとんど袖を通さないまま夏服への衣替えの時期になってしまいましたね。 

私自身もオンライン授業を行う中でタブレット端末の画面越しに生徒のみなさんの様子を見てきましたがその中で嬉しい驚きがありました。それは、学校のお休みが続いて先が見えない状況の中でも、とても前向きに頑張っている人が多いということです。に私の方がパワーをもらっているように感じるくらい明るく元気な姿を見せてくれる生徒もいます。 

今回のテーマは「身の周りの状況の変化にどう対応するのかということについてです。今年に入ってから新型コロナウイルスの影響で先行きが見えない状況が続き、多くの人が漠然とした不安を抱えているように感じます。そのような困難ともいえる状況の中で私たちの目の前には2つの選択肢があります。1つは「何もせずに周りの状況が好転するのを待つこと」、もう1つは「自分から行動を起こし、新たな道を模索することです。どちらが正解でどちらが不正解言い切るのは難しいですただし、長い目で見たときにはどちらの選択をとる方がより良い成果を得られるでしょうか…? 

話は変わりますが、約20年前に大ベストセラーとなった「チーズはどこへ消えた?」という本があります。この本では「状況の変化にどう対応するのが良いのかということが寓話の形式で書かれています。読みやすい本なので中高生のみなさんにもおすすめの1冊です。この本に書かれているポイントをメチャクチャ簡単に言えば「身の周りの状況は必ず変化する!自分も変わっていこう!」となるでしょうか日々変化する状況に対して自分たちもポジティブな考えで習慣や行動を変化させていこう。この教訓は私たちが今まさに直面しているこの困難な状況に対しどのように立ち向かっていけば良いのか大きなヒントになるのではないかと思うのです。 

 学校は再開しますが、今後どうなっていくのかは誰にも想像できません。ただ一つ言えるのは良くも悪くも状況は変化していくということです。その変化をいち早く察知し、それに備えて自分にできる行動を始めることが大事なのではないでしょうか。入会時に生徒のみなさんにお約束してもらっている「周りの人やもの、環境のせいにはしません!」という考え方は家で過ごす時間が長く、生活の中の多くの時間の使い方が自分次第になっている今のような時期だからこそ生徒のみなさんにはよく考えてほしいと思っています 

 生徒のみなさんにとって、今の状況は不安があったりストレスが溜まったりすることでしょう。しかし、このような状況だからこそ学べることがあったり自分を成長させる機会になったりすることも事実です。自分の目標をしっかり見定めて、状況の変化に合わせた前向きな行動を続けるということを実践していきましょう! 

人生の岐路は新たなスタート地点!

こんにちは!教務スタッフの南です。今年は暖冬で、冷え込む日も長くは続かず2月というのにまるで春のような陽気の日もありましたね。北陸出身の私としては雪の無い冬というのは違和感を覚えずにはいられません。しかし、過ごしやすい日が続くのは嬉しいことですね!

今回は去る2月11日にお亡くなりになった、野村克也さんが遺した言葉を紹介したいと思います。野村さんは元プロ野球選手であり、プロ野球チームでのコーチ・監督経験も豊富で、また晩年は野球解説者としても多くのメディアに引っ張りだこの存在でした。野村さんはプロ野球選手として多大な活躍をし、多くの記録を残しました。また、監督としてもチームを優勝に導いたり、多くの名選手を育て上げてきたりと数多の功績を残しております。特に、若いころのように成績を残せず所属チームから戦力外通告を受けてしまったベテラン選手たちを自分のチームにスカウトして、見事第一線で活躍する選手に復活させた選手育成の手腕から「野村再生工場」とも呼ばれました。

私自身はプロ野球の熱狂的なファンというわけではありませんが、野村さんは私にとってリーダーのお手本の一人になっています。それは、彼の次の言葉に深く感銘を受けたからです。

 

「監督の仕事で大事なのは人間教育、社会教育」

 

野村さんは監督時代、野球理論の指導と共に選手一人一人に対しての人間教育・メンタルコーチングも欠かしませんでした。その指導方針が「野村再生工場」の核心だったのかもしれません。

前置きが長くなりましたが、今回はそんな野村さんの数々の言葉の中から、私にとっても心に突き刺さった言葉であり、またこれから様々な進路をたどっていく10代のみなさんに伝えたい言葉を紹介したいと思います。次のような言葉です。

 

「今の選手はあまり努力をしない。彼らは憧れだったプロ選手になったことで満足してしまっているんです。本当はようやく出発点に立ったに過ぎないというのに、そこがゴールと勘違いしてる。だから、チームから与えられたメニューしかやらない。それで一流の結果なんて出せるはずがないじゃないですか。」

プロ野球人生をテスト生からスタートし、人一倍の努力で一流のプロ選手まで昇りつめた野村さんの言葉だからこそ重みを感じますね。

“プロ選手”という部分を例えば“高校生”とか“大学生”という言葉に変えてみてください。

前述の言葉は私も自分事だと深く感じた言葉です。今まで歩んできた道を振り返ってみても、確かにスタート地点をゴールと勘違いして慢心してしまっていた自分がいたことがあるなと思いました。特に受験を終えてこの春進学するみなさん、そして受験生としてこの1年過ごしていくみなさん、今はまだ見えない人も多いかもしれませんがみなさんが本当に目指すところはまだまだ先にあります。そして、努力を続けることで必ず到達できるでしょう。そのためにも、進学した先がゴールじゃない、やっと出発点に立つんだという気持ちを忘れてはならないということを胸に刻んでおいてほしいと思います。

1200px-Prunus_mume

この時期の過ごし方が次学年の差になる!

こんにちは!教務スタッフの南です。令和2年、初めての記事の投稿になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。1年で最も寒いとされるこの時期、体調を崩さないように自己管理をしっかりして過ごしましょう。

さて、2月から3月の初旬にかけては受験生にとっての入試シーズンであるだけではなく、非受験生にとっても学年末テストが実施される時期になります。1学期、2学期と大きく異なるのは、どうしても「1年が終わる」という感覚になってしまい、次の学期に続くんだという意識が薄れてしまうことではないでしょうか。

4月になれば自分を取り巻く環境も変わりますので、心機一転ということでモチベーションが湧いてくる人もいるでしょう。しかし、4月に入ってから「さあ、頑張ろう!」では遅いのです。まだ学年が上がってないから今はこのままでいいやという考えを持っている人はライバルから後れを取った状態で新学年をスタートすることになってしまうのです。

そこで今回みなさんにお伝えしたいのは、今の時期だからこそ次学年の目標をしっかり決めましょうということです。例えば、1学期中間テストでどのくらいの点数を目指すのかということを具体的に決めてしまうというのはいかがでしょうか。1学期中間テストは1年間の定期テストの中でも点数を取りやすい(=目標を達成しやすい)テストだといえます。なぜならば、1学期に学習する内容はどの科目も比較的簡単で、テスト範囲もさほど広くないからです。さらに、順位が変動しやすいのも1学期中間テストではないでしょうか。やはり学年の切り替わりの時期は人によって勉強に対する意識の差が大きく異なります。ギアが上がっている人とそうでない人との間に明らかな差があり、そして多くの人がまだまだギアを上げきれていない時期なのです。つまり、そんな中で勉強への意識をより高く持ち、早い段階から目標達成への行動を始めた人が結果的に大きく飛躍するのです。

逆に言えば1学期で出遅れてしまうと2学期3学期にも大きな影響を与えてしまいます。一度取ってしまった後れを取り戻すには相当な努力と時間が必要になるからです。

大きなテストが終わる時期だからこそ、今自分が勉強を頑張っている目的を再確認してみてください。まだ、先のことまでは分からないという人も一度考えてみてください。そうすれば、今自分が過ごしている時期がどれほど重要で価値を秘めたものなのか分かるはずです。目先の楽しみを追いかけるためばかりに時間を消費するのではなく、数ヶ月後、数年後の自分のために時間を投資するという意識で日々過ごしていきましょう!
74_block_image_2

冬期休業のお知らせ

下記期間を冬期休業とさせていただきます。

休業期間:12月28日(土)~1月3日(金)

休業期間中は電話が繋がらない状態になります。あらかじめご了承ください。
1月4日(土)14:00より電話受付を再開いたします。

皆さんと元気に元気にお会いできることを楽しみにしております。
どうぞ、事故やケガには十分ご注意して過ごしてくださいね。

勉強のコツ vol.3

皆さんこんにちは!教務スタッフの南です。生徒のみなさんの中には、同じ勉強をやってるのに周りの人と結果に差が生まれるのはどうしてだろうと思ったことがある人もいるかもしれませんね。その答えの一つはやはり勉強に対する意識だと思います。目の前の勉強を自分事としてどれだけ捉えているか、その差が大きいのではないでしょうか。生徒によく「何のために勉強しているの?」と聞くと多くの生徒が「テストで良い点取るため!」と答えます。しかし、目の前の問題が解けてもテストで良い点が取れる保証はありませんから、どこかのタイミングで「これ続けてても本当に良い点取れるのかな…?」と雑念がよぎり、モチベーションが下がってしまうのです。そこでおすすめしたいのが、「自分の能力向上」を目的にしてみることです。勉強をすればするだけ必ず自分の能力は磨かれていきます。そして、能力を磨いていった先に成績アップがあると考えるのです。そうすることによって日々のちょっとした成果を実感することができ、それが次なるモチベーションへとつながるのです。小さな成功体験を積み上げて自信を付けていきましょう!

images