良いも悪いもすべては自分の考え方次第!

皆さんこんにちは!教務スタッフの森部です。まだまだ寒い日が続きますので、体調管理には十分お気を付けください。さて今回は表題の「すべては自分次第!」という考え方について記事を書こうと思います。

生徒の皆さん、こんなことを言ったり思ったりした経験ありませんか?

「学校の先生の授業が分かりにくい!あの先生は嫌い!」

「家では勉強出来ない。下の兄弟がうるさい!」

 

挙げればまだまだたくさんの状況があると思いますが、こう言ってしまえば楽ですよね。人は何か自分に不都合なことが起こると、誰かのせいや環境のせいにして自分は悪くないと考えてしまいがちです。ただしそれでは「誰かの助けがないと出来ない、良い環境が整っていないと出来ない」と他力本願になってしまい、自らの成長への道は途絶えてしまいます。

そこで考え方を変えるのです。自分がわかりにくいと思っている先生の作るテストでも皆が悪い点数を取っているかと言ったら、そんなことはありません。点数の取れている友達のしている工夫を詳しく聞いてみましょう。また家で下の兄弟がうるさいと思っているなら、親御さんに相談してみましょう。きっと力になってくれるはずです。こうやって自分からアクションを起こすことにより、状況に変化が起こり、それによって良い習慣が出来れば結果が変わる可能性が出てきます。人のせいやもののせいにしているうちは自らの成長がないため、もちろん今以上の成功はありません。

この考え方は教師や親の立場からも大切です。「姿勢を正して学習に取り組みなさい!」と指導している先生の姿勢が悪かったら、生徒はどう思うでしょうか?そんな先生のいうことは恐らく聞いてくれないでしょう。もし仮にテスト週間になってもなかなか自宅では勉強してくれないことが悩みだとして、子どもには勉強をしなさい!という親がテレビばかり見ていたら子どもは間違いなく「母さんだっていつもテレビ見てるじゃん!」と心の中で思い、なかなか親の思い通りの行動は起こしてくれないでしょう。

このように、相手が勝手に変わることに期待しても、うまくいかないことの方が多いはずです。相手を変えるにはまず自分から。口で言うのは簡単ですがこれがなかなか難しいです。私たちも「周りの人やもの、環境のせいにはしない!」という考えを今後も大事にしていきたいと思っております。

140129_IMG_0787-studio9

「交友をえらぶ」啓発録その⑤

こんにちは!教務スタッフの南です。いよいよ冬休みに突入し、生け垣の山茶花も鮮やかな花をつける時期になりました。インフルエンザが猛威を振るう季節でもありますので、注意が必要ですね。

余談ですが、この時期外を歩いていると山茶花や椿が民家の生け垣に赤い花をつけているのをよく見かけます。山茶花も椿も元々は寒さに強くない品種ですが、園芸用に品種改良されたものは寒い時期に花をつけます。この両者、分類学上非常に近い存在なので見分けるのは困難ですが大きな違いがあります。それは花の散らし方です。山茶花が花びらを一枚一枚散らすのに対し、椿は花が根元からポロっと落ちます。最近では違う種同士の交配が進み山茶花と椿の違いを見極めるのはますます難しいようですが、寒いこの時期少し顔をあげて冬の草花を観察してみるのも面白いですね。

さて、もう飽きている人もいるかもしれませんが啓発録の紹介もこれで最後です(笑)。最後に紹介するのは「交友をえらぶ」です。では解説します。

⑤『交友をえらぶ』:友達には「損友」と「益友」という二つの種類があり、その違いをよくみて選ぶことが必要です。「損友」はすぐに心安くなりやすいですが、自分の為にはならないものです。逆に、「益友」には気づきにくいものです。時には面白くないこともあったりしますが、本当によい友達と交わってこそ、相手のよい所を見習い、自分の欠点をなおすことも出来るのです。したがって友達をえらぶことは勉強するものにとって、たいへん大切なことなのです。

ここで大事なのは、橋本佐内はいわゆる「損友」との交わりを断てとは言っていません。むしろ自分の周りに「損友」がいるのであれば、彼を自分の手で良い方向に導くべきだと言っています。友達というのは大切な存在です。しかし、注意しなければならないのはお互いの人生に良い影響ばかりでなく悪い影響を与えてしまうこともあるということです。生徒の皆さんには思い当たる節があるのではないでしょうか。例えばテスト前の勉強を頑張らなければならない時期に友達からの誘いを断れず結局一緒に遊んでしまったりしていませんか。真の友達というのは相手のことを思って間違いを指摘できる存在であるはずです。「今はお互い頑張らないといけない時だろ、テストが終わってから遊ぼうよ。」とビシッと言えるようになってほしいのです。逆に友達から自分の誤りを指摘されたときは、腹を立てずに冷静に考え直してみてください。実はそういう友達こそが自分を成長させてくれる存在であったりもするのです。

20170525194823

「学に勉む」啓発録その④

こんにちは!教務スタッフの南です。3学期が始まってしばらく経ち、澄み渡る夜空に瞬く星が美しい季節になりました。体調を崩さぬよう十分気を付けてください。

さて、これまで啓発録に記されている5つの指針の内3つまで紹介してきました。「稚心を去る」、「気を振う」そして「志を立つ」。今回は4つ目「学に勉む」です。読んで字のごとく一番みなさんになじみのありそうなテーマですね。それでは解説します。

④『学に勉む』:学とは優れた人物の立派な行いを習い、自らもそれを実行してゆくことを言います。先人の忠義や孝行などの立派な行いを習っては、すぐにそれを真似し、自分も先人に負けないようにと努力することが学の一番の意味です。佐内はまた、後の時代になってその意味が詩や文を作ったり本を読んだりすることと誤解されていると述べています。学とは単に知識を詰め込むということではなく偉大な先人の行いを慕い真似し、自分も彼らに近づけるようにと努力することなのです。

橋本佐内が重視していたのは人間力なのです。彼は単に知識や技術を身に付けるだけでは優れた人物になれるわけではないということを今の中学生くらいの年齢のときにはすでに気づいていたのですね。人間力というのは簡単に言えば、人同士のつながりで成り立っているこの社会の中で、一人の人間として自立してたくましく生きていくために必要な総合的な力です。では具体的にはどんな力を身に付ければよいのでしょうか。実はシンプルなものばかりです。例えばあいさつは最も身近な例の一つでしょう。あいさつができる人とできない人どちらの人に良い印象を持ちますかと聞かれたらほぼすべての人があいさつのできる人と答えるでしょう。そこで、じゃあ自分もあいさつのできる人になろう!と行動を改めることが人間力を高めるということなのです。

他にも例を挙げ出したらきりがありませんが、例えば私が地下鉄を利用するときICカードを改札のセンサーにバシッと打ち付けるように当てている人をよく見かけます。本人は何気なくやっていることでしょう。しかし、これではカードの方も改札の方も傷んでしまいますよね。私は「あぁ、この人はものを大切に扱えない人なのかな…」と内心思ってしまうのです。ICカードくらいで…と思われる人もいるかもしれません。しかし、そういう細かい部分に人の素の部分が出るのではないでしょうか。

また違う例ですが、バスに乗ったときのことです。若い大学生くらいのグループでしょうか、終点の駅でみなが降りるときに、運転手の方に対して元気よく「ありがとうございました!」と言っている場面に出くわしました。これには私自身もハッとさせられました。そして、それ以降私も折を見て運転手の方にひとこと添えてバスを降りるようにしています。

身近なところにも尊敬の念をもって真似すべき行いは転がっているのです。自分ができていない部分は素直に認める、またできている人の行いを素直に真似てみる。そういう素直な態度が重要ではないでしょうか。

144

冬期休業のお知らせ

下記期間を冬期休業とさせていただきます。

休業期間:12月29(金)~1月3(水)

 

なお、休業期間中は電話が繋がらない状態になります。ご了承ください。

また、1月4日(木)10:00より電話受付を再開いたします。

どうぞ、事故やケガには十分ご注意されてお過ごし下さい。

「志を立つ」啓発録その③

こんにちは!教務スタッフの南です。2学期も終盤を迎え、冬の季節となりました。2学期最後まで気を抜かず頑張っていきましょう。

さて、前号では啓発録2つ目の「気を振う」というものを紹介しました。今回は3つ目「志を立つ」というものを紹介したいと思います。

③『志を立つ』:志とはいわゆる人生の目標のようなものです。せっかく頑張ろうと決心しても、目指す先が決まっていなければ何も意味を成しません。自分は何を勉強して、そしてどんな人になろうという目標をちゃんと定めなければならないのです。高い目標を掲げ、目標を眺めながらいつも自分を省みて、自分の足りないところを努力することが大切なのです。

さて、みなさんは今目標を持っていますか?テストで高得点を取りたいとか○○高校に行きたいとか、それらももちろん立派な目標ですが、私が聞いているのはもっと人生を広い視点で考えたときの目標です。例えばこの先どんな生き方がしたいか、または10年後20年後どんな大人になりたいかなどです。

でも漠然としていてなかなか答えにくいですよね。私も中学生や高校生のときに同じことを聞かれてもなんとなくの答えしか返せなかったと思います。私には一つ印象深い思い出があります。それは私が高校生だったころの話です。あるときノーベル賞受賞者である科学者の白川秀樹先生の講演会が地元で催されたのですが、根っからの理系学生だった私は胸躍らせてその講演を聞きに行きました。講演内容はもちろん興味的な内容だったのですが、講演の後の質疑応答で私に質問するチャンスが訪れたのです。私は「高校生の私たちが今すべきことはなんですか?」と質問しました。白川先生は「自分の近くに目標となる大人、すなわち先生を見つけなさい。そしてその人から多くのことを学びなさい。」とおっしゃられました。私はその言葉に感銘を受け、今でも大事にしています。

もし皆さんが将来が見えないのなら、また目標が見つからないのなら、周りを見渡して自分の「先生」を見つけてほしいと思います。そしてその人の教えを忠実に守り、実践する。みなさんの年代で大事なのは目標とする先人を見つけ、そしてその人の教えを素直に受け入れ、実行に移すことです。目標を立て一歩ずつ歩を進めれば、やがてはどんな大きなことでも成し遂げられるのです。

170721mental_tricks-w960

木下晴弘氏特別講演会のアンケートのご報告について

10月29日(日)に名東文化小劇場で行った木下氏の講演会にご出席を賜り、誠にありがとうございました。

私ども講師陣も「なぜ勉強をする必要があるのか」だけではなく「幸せとはなにか」「自分のなすべきことはなにか」について考える機会となり、改めて目の前の生徒さん一人ひとりに寄り添いながら、邁進していこうと感じました。

今回も参加者の皆様から頂いたアンケートの一部を記載させていただきます。

【保護者様の声】

・思いもよらず、大変感動いたしました。勉強の話くらいにしか思っていなかったのに、もっと大変な人生の成功者になる為の話でしたので、私にとっても大きな力となりました。

・とても感動してすごく貴重な時間でした。子供はもちろん親の私まで、心があらわれるようで、もう一度自分の人生をみつめなおす(大げさですが)良い機会でした。明日からも頑張れる力を与えて頂けました。本当にありがとうございました。子供を親である私達が愛を持って支えて、親も共に成長していきたいです。

・子供には、なかなか理解しづらい深い内容だと思いました。大人の私たちがもっと「学ばないと」と考えさせられました。こんな素敵な講演を無料できかせて頂けて本当に感謝です。ありがとうございました。

・子どもは来られなかったのですが話を聞かせてあげたかったなと思いました。「人に与えたものは必ず自分に還る」ということもすごく素直に心に入りました。子どもが受験を控えた時期、うるさくなってしまいがちですが自分自身もゆっくり考えてみようと思います。ありがとうございました。

・中学生の息子に対し、以前よりも成果に目をとられて話をしていた自分に改めて気付きました。本人の思いをあまり話してこないことで、親としての思いをぶつけすぎていたかもと思います。もっと根気強く話を聞いてみようと思えました。2度目の参加でしたが、新たな気持ちで聞くことができました。普遍性のある話だと思います。来年もまた参加できれば幸いです。

・想像していた講演会とは全く違うものでした。木下先生のお話にどんどん引きこまれていきました。3人の子育て中も、3人が巣立った後も、木下先生の言葉を忘れずに生きていこうと思います。

・子どもだけでなく、私自身にも考えさせられる内容でした。この講演を期に子どもも私も、すばらしい人生を歩んで行けたらと思います。

・わかっていても忘れがちな事、改めて気付かされました。今後の子供への接し方、私自身の仕事への向かい合い方など考えさせられました。

・自分自身の子育ての原点を考える、いいきっかけでした。子供の存在承認をもっとする努力をしていきたいと思いました。ありがとうございました。

・子供の存在意義を行動承認ばかりでしていた事に気づき、衝撃を受けました。反省です。頭でわかっていても心でわかっていない、まさにその通りでした。

・勉強をすることより、もっと大きな人生を教えていただけました。息子に親としてできること、あたり前のことを思い出させてもらうことができました。また、その中で、勉強することが息子にとって力になること、どう使っていくのかを一緒に学べて良かったです。ありがとうございました。

・他人への喜ばせる事の大切さ、人との出会い、感謝等、親子でお話しを聞けてよかったです。親の私も、とても勉強になりました。ありがとうございます。

・自己承認の大切さ、再確認しました。木下先生の心から感謝されている所はたくさんの人生経験があったからこそだととても感動しました!!ありがとうございました。感動で何度も泣いてしまいました。

・最初は少し長いかと思っていたが、講談のような、流れるようなトーク、スライドも効果的に入り、子どもも集中して聞き入ることができたと思います。大人からの言葉かけ、気をつけなければいけないと改めて気づかされました。自己承認、プライドではなく誇りの話、子ども達にまさに求めていたこと、わかりやすく話していただき、子ども達に伝わってくれたことを願います。

・昨年も講演を見させていただいて、心にきざんだ筈なのに忘れて行動していることも多かった。思いださせていただいて本当に良かったです。内容はとても共感しました。ありがとうございました。

・親子できけて、本当によかったです。子供のこれからに大切な考え方を知ることができたと思います。

・最後の話はとても感動しました。仕事で普段、障害のある人と関わっているので、とても良い話を聞けました。今後の人生、仕事に対しての考え方がかわったような気がします。ありがとうございました。

・勉強よりも大切な事が分かりやすく教えていただけて私も息子も本当に良かったです。子育てに関して耳が痛い箇所も何度かありましたがタイミングがいい機会にこの講演会に参加でき、良かったです。

・「泰然自若」「他人を幸せに」とても印象に残りました。人としてどう生きるか、改めて考える時間を与えていただき、感謝です。ありがとうございました。あっという間の2時間でした。

・“前向き”って大事なことはよくわかるがなかなかできないという、それでもあきらめず、自分を承認し続ける、そういう気持ちを持たせられるように我が子を見守りたい、という気持ちになれました。

・日頃、ひとつの方向からしか物事を考えないことが多いがじっくり考えると、違う見方もあり、広い視野で物事を考えることに改めて気づかされた。最後まで飽きずに聞くことができた。

・講演もとても楽しく、ためになることがたくさんありました。子供の話を最後までしっかり聞くように心がけたいと思います。

・昨年も木下先生の講演会を拝聴させて頂き、親として子供を支える為にまず自ら与える側に立ち子供に存在そのものへの承認をしてもらえるようにと教えて頂き実践して来たつもりではありますが、改めてお話を拝聴させて頂くとあんなにも感動した自分の心が一年前の意識が少しずつうすらいでいたことに気づき、思いを新にさせて頂きました。ありがとうございました。

・自分自身を今一度振り返る事ができました。頭では理解できても、なかなか心で理解することは難しい。日々、勉強です。(私も息子も)熱のこもった講演ありがとうございました。胸が熱くなりました。

・2回目でしたが楽しく聞けました。再確認できました。娘も参加させたかったです。

・スライドを使っての講演会でしたが話に抑揚があり楽しかったです。私も子供達にあきらめない心を持てるように声掛けしたいです。

 

【生徒の声】

・普段学校では聞くことができないような、生きることについて、勉強をすることについて沢山の事を知ることができた。今後、受験を受けるにあたって、生きていくにあたって、壁に当たることがあると思うけど、努力を惜しまず、自分のためにではなく他人のために考え、行動できる人間になりたい。

・全ての言葉が、心にしみて、自分も共感できる部分もあって、良かった。

・心に染みる言葉がたくさんあった。たくさんの場面で自分と比較できるところがあったので改めて自分の行動を見直そうと思った。熱意のある話し方でどんどん引き込まれていった。

・先生の話し方が自分の中に突きささるような感じでした。はじめ、2時間は長いなぁと思っていたけれど、スライドと共に進む先生の話に引きつけられ、本当に早かったです。「本当に早かったです」と書くとは正直思っていなかったです。「あきらめない」ことは、今持っている夢の実現につながるんだと私も「信じる」ことにしようと思いました!

・3つの法則を教えてもらい、人生が良い方向に変わることができたと思います。この法則を胸に1日1日を過ごしていきたいです。

・自分の失敗談を成功談や他人の失敗談に成功談などを出し、本当にわかりやすく、心に大きく響く話だった。終った時、もっと話しを聞いていたいと思った。

・頭ではわかってることもいっぱいありましたが、その大切さが教えてもらえたと思うのでとてもいい講演会だと思いました。

・自分がぶちあたっている壁の問題について、その改良法なども知れた。

・今日の講演は、とてもすばらしかったです。今後の人生に役立てようと思います。とても感情のこもった講演で、とてもよかったです!スクリーンに映し出すことで、よりわかりやすく、伝えたいことが、伝わってきました。

・あきらめずに努力することで、自分のかなえたい事や夢をかなえられることがよく分かった。自分もあきらめずにがんばりたいと思えた。

・私は、講演会を聞くまでは、勉強をしていれば人生が成功すると思っていました。成功するまでには、たくさんの失敗、苦労が必要ということが、話を聞いて、わかりました。私は、自分が行きたい大学に行くまでに、もっと、苦労しないといけないし、もっと努力をしてそれを継続しないといけないことがとてもよく分かりました。自分のこれからのための参考にしていきたいです。

・1つ1つの話に具体例があってとても伝わりやすかった。すごく自分の心にひびいた話だった。

・共感できることがたくさんあり、これから役に立ちそうな情報をたくさん話してもらったのがよかった。ねむたいときに大きい音をだされたのがよかった。(ねむくならなかった。)

・あきらめないようにする。

・法則にもあった「与える」という事で木下さんに与えてもらえたので次は自分が与える側に。

・改めて自分の過ちに気づけた点、全ては自分のためではなく人のためであることを教えられた点、本当におもしろかった。

木下晴弘氏特別講演会について

去る10月29日(日)名東文化小劇場にて木下晴弘先生をお招きし、特別講演会『人生の特別授業』を開催させて頂きました。当日は大きな問題もなく、無事に開催できたことを喜んでおります。

当日はお忙しい中、また、お足元の悪い状況にも関わらず、たくさんの方が出席頂けたこと、大変感謝しております。ご参加いただきました生徒の皆様ならびに保護者の皆様、本当にありがとうございました。

さて、木下先生の講演会は今回で3回目になりますが、何度聞いても、われわれ講師一同も教育に携わる身として、改めて気づくこと、新たに学ぶべき内容がたくさんございました。

これからもご縁のあった皆様に喜んでいただけるように、気持ちを込めた取り組みをしたいと考えております。また今後ともよろしくお願いいたします!

改めて今回ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

IMG_1351

なお、ご協力いただいたアンケートの内容については後日、こちらのブログにてアップさせて頂きます。しばらくお待ちください。

「気を振う」啓発録その②

こんにちは!教務スタッフの南です。少し肌寒くなり、受験生にとっては勝負の2学期です。うかうかしていると時間はあっという間に過ぎてしまうものです。今一度気合を入れ直して期末テストに向けて頑張りましょう。

さて、私は以前の匠通信で「啓発録(けいはつろく)」を紹介しました。改めてどのようなものなのか説明しますと、啓発録は江戸時代末期、越前国(今の福井県)出身の橋本佐内という人物が15歳の時に自分の生き方の指針として記した文章です。

その中には5つの指針が記されていますが、前回はそのうちの1つ目「稚心(ちしん)を去る」というものを紹介しました。今回は2つ目「気を振う」というものを紹介したいと思います。

②『気を振う』:気とは、人に負けたくないと思う心のこと、つまり負けん気のことです。なにも努力せずに他人に負けるということはむしろ恥ずかしいことだと佐内は考えました。常に頑張る気持ちを持って、気を奮い立たせる心がけこそが大事だという考えがこの「気を振う」という言葉に込められています。

話は変わりますが、この啓発録は福井県の学校では独自の教材を使って授業の中で扱うこともあるようです。実際、私も高校入学時に啓発録の全文を原稿用紙に書き写すという課題に取り組んだ覚えがあります。その時は深く読み込むこともせず、ただ何となく良いことが書いてあるなぁ程度の感想を持っただけだったのですが、大人になって改めて読み返してみると本当に大切なことが書いてあり高校生の時になぜもっと深く考えなかったのだろうと少し後悔しました。

佐内が記したように、負けん気というのは非常に大事だと思います。例えば、受験というのは学力ではほぼ差がない者同士で点数を争うものですが、当日の会場の独特な空気感の中、また初めて顔を合わせるライバルたちが周りにいる中で自分の実力を最大限に発揮し合格をつかみ取るのか、はたまたライバルたちを前に涙を呑むことになるのか、やはり最後は気持ちの問題なのではないかと思うのです。自分に負けたくないという気持ちが成長を生み、ライバルに負けたくないという思いが勝利をもたらすのだと思います。

特に受験生の皆さんには「絶対に志望校に入ってやる!」という気持ちを切らさずに、受験勉強に励んでほしいと思います。そして、下級生の皆さんはそんな先輩の姿を見て、「年下だからって負けていられない!」というくらいの気概をもって頑張ってほしいと思います。

fight

 

第3回 木下晴弘先生による講演会のご案内

こんにちは。家庭教師の学び家の大久保です。夏の暑さも収まり、秋が一層深まってきました。スポーツ、読書、そして勉強…気温も穏やかでいろいろなことにチャレンジできる過ごしやすい季節ですね。この時期に何か新しいことを始めて見てはいかがでしょうか。受験生のみなさんはこれからラストスパート!最後までやり切りましょう。

さて、昨年も開催させていただき、参加した皆さまから大変な反響をいただきました木下晴弘氏の講演会を今年も開催いたします。木下氏は関西の名門進学塾の講師として、「授業は心に」をモットーに多数の生徒を灘高校などの名門校に送り出しました。学力だけではなく人間力も伸ばす指導が生徒、保護者から絶大な支持を得、その経験をもとに全国の教育機関で教員、保護者、生徒向けのセミナーを実施されてきました。今では様々な分野の有名企業などでも講師として招かれている方です。

そのような氏にご講演いただくのには理由があります。私どもには大事にしている理念があります。そして、その理念と木下先生のお話しいただくことは共通している部分が非常に多いため、忙しい合間を縫って毎年ご講演いただいています。この理念は大事なことゆえ普段からこの匠通信や面談などで生徒さんたちや保護者の皆さまにお伝えしておりますが、なかなかお伝えしきれない部分でもあります。受験生含めすべての生徒さんたちには「なぜ勉強するのか」という問いへの答えになり、また、保護者様方にはこれからの子育てにおいても大きなヒントの一つになると思います。そして、「自分の人生」をより良いものにするにはどうすればいいか、これからの人生について考えてみるきっかけになってくれるはずです。私たちも毎年聴かせていただいておりますが、常に新しい気付きを得ることができ、身が引き締まる思いになります。昨年ご参加いただいた方も、今一度お越しいただければと思います。

また、今回の講演も大変なご好評をいただき、予想以上のお申し込みを頂戴しています。できるだけ多くの方々に聴いていただきたいため、多少ではありますが座席も急遽増やしました。残り少なくなっておりますので、参加を希望される方はお早めにお電話にてご連絡ください。

これからの時期、生徒さん自身のモチベーションアップがいい結果を招く最大の要因となります。目標をしっかりと定め、そこに向かって前進できるように、精一杯のサポートをさせていただきます。それでは、今後とも家庭教師の学び家をよろしくお願いいたします。

本部休校のご案内

下記期間を協力企業との合同社員研修のため本部はお休みをいただきます。

休校期間:9月12(火)~9月18(月)

期間中は本部の電話が繋がらない状態になります。ご了承ください。

なお学習指導は通常通り行いますので、よろしくお願いいたします。