大学入試について考える

皆さん、こんにちは!スタッフの井上です。ついに12月がやってきました。あと1ヶ月もすれば勝負の大学入学共通テスト本番を迎えます。今年度は、2023年1月14日(土)・15日(日)の実施です。受験生はもちろんのこと、非受験生も、共通テストの動向を把握するためにぜひ注目して欲しいと思います。

さて、受験の直前期となった今月号は、これから大学受験を迎える高1・2年生、あるいは中学3年生向けに、早い時期から知っておいて欲しいことをお伝えしたいと思います。また、ぜひ保護者の皆様にも知っていただいて、高校での学習やその他の活動の指針、中学生の場合には高校選びの指針に役立てていただければと思います。

まずは、一番のポイントは、「推薦入試という選択肢を捨てないでください!!」と言うことです。大学受験は高3になってから、という考え方は、ここ数年の大学受験では全く通用しなくなりました。私立大学は、全国平均的にも各種推薦方式(総合型(旧AO)、公募制、指定校制、付属系列など込み)で入学者定員の50%を超えてきています。このような話をすると、難関校は一般が圧倒的に多くて推薦なんて少ないでしょ、と思われがちなんですが……総入学者のうちに占める各種推薦方式入学者の割合※1についてデータをみてみると、早稲田大学39.9%、MARCHでは法政大学42.3%、中央大学41.7%など、難関私立でも40%程度が推薦入試による入学者となっており、難関校も存外推薦でチャレンジできるということが分かります(もちろん推薦入試による入学者が30%台ほどの大学もありますよ)。

そして、国公立大学も例外ではありません。国公立大学も定員のうち3割を目標に、推薦入試、それも共通テストを課さない公募推薦・総合型推薦などを実施しています。東北大学や筑波大学、岡山大学などは、実際、推薦合格者が多い大学として有名です。

当然、この傾向は東海地域の私立大学についても当てはまってくるわけです。例えば、名古屋にある私大のなかで推薦入試の定員が多い大学を、みなさんご存知ですか?自分が、あるいはお子様が目指している大学は、いったいどのような傾向なのでしょうか。そして、もし推薦の割合が高い大学に行きたいとなった場合、いや、そうでなくても、合格者のおよそ半数を占める推薦枠を初めから捨ててしまうというのは良い戦略といえるでしょうか。

ぜひ、早くから大学受験について考え、1つのチャンスも逃さないように受験情報を収集していきましょう。もちろん、高校での学習を継続してがんばること、評定を維持していくことは、どのような進路選択をするにしても当然重要ですが、大学に行く行かないにかかわらず、早くから自身の将来について考えていくことが大切です。匠グループでは、「高校入試は通過点」というフレーズをよくお話します。高校入試が終わったら、しばらく学習や受験のことから離れて様子見ではなく、高校に入ったらその先に続く次のステージについてまた考えていきましょう、そして、そのことが将来の選択肢を生み出していくことに繋がるという想いです。

早くから将来について考え、ご家庭の中でもぜひそういったお話をしてみてください。

日々ベストを尽くす

こんにちは!スタッフの南です。気づけば12月も目前に迫り、2022年も終わりに近づいています。今年も色々なことがありましたが、新型コロナウイルスのことが続いていたり、世界では終わりの見えない争いが日々ニュースになったりと、これからの未来ことを不安に思わせるようなことを多く目にします。ただ、そういう中だからこそ、改めて私たちは自分自身の役割が何なのかを考え、そしてそれを全うしていくことが大事なのではないかと思っています。社会や世の中を自分の思い通りに変えられる人はいません。人が変えられるのは自分自身のみです。自分が変わるから、結果的に周りの状況も変わっていくのです。ですから、2023年がより一層良い一年になる事を信じ、自分が今やるべきことに日々力を尽くして、まずは自分自身を着実に成長させていきたいですね。

さて、受験生のみなさんはこれからいよいよ入試本番を迎えますので、今この時期に力を出し切れていないということは無いと信じていますが、非受験生のみなさんはいかがでしょうか?2学期のテストも終わって緊張感がなくなり、少し気の緩んだ生活を送っていませんか。

そこで今回は、日々全力を尽くすことがいかに大事なのかということを改めてみなさんにお伝えしたいと思います。みなさんはノミの実験という寓話を知っているでしょうか。ノミというのはあの小さな虫のノミのことです。ノミは小さい体ですが体長の150倍くらいのジャンプ力を持っていると言われ、実際50㎝くらいジャンプするとのことです。そのノミに高さ10㎝くらいのコップを逆さにしてかぶせるとどうなるかというと、当然ノミはどれだけジャンプしても天井に頭をぶつけるだけで、10㎝までしか跳べないわけですね。その状態で数日放置してからかぶせてあるコップを取り除くと、なんとノミはやはり10㎝までしか跳べなくなってしまうのでした。

このお話はリアルなので、本当にそうなの!?と思いがちですが、あくまで寓話ですので科学的根拠に基づいたものではないということはちゃんとお伝えしておきますね。誰かに話す時は気を付けてください。(笑)ただ、このお話から得られる教訓は非常に重要です。様々な解釈ができるのですが、例えばこう考えることはできないでしょうか。ノミは力を制限されていたせいで、本来の自分が持っている100%の力を忘れてしまった(あるいは、力の出し方を忘れてしまった)のだと。人間でいえば、6割から8割くらいの力しか出さないで日々を過ごしていると、無意識のうちに自分の持っている100%の力を発揮できないようになってしまうということだと思います。これは成長するどころか、退化してしまうということを意味します。

日々ちょっとずつ手を抜いて過ごすうちに、昔発揮できていたパフォーマンスすら発揮できなくなってしまうという風に考えると、1日1日を頑張らずに終えてしまうことがどれだけ恐ろしいことかわかりますよね。逆に、日々全力を尽くすということを意識できれば、今の自分が気づいていない、自分が持っている本来の力を100%発揮できるようになるとも言えます。

生徒のみなさんは宝石のようなもので、それを一生懸命磨き上げていくことで、きっと自分でも気づいていない輝きを放つことができるはずです。ただ、宝石も手入れを怠り磨き方が甘くなれば、すぐにくすんでしまうもの。日々の手入れを怠らず、そしてやるなら全力で、自分自身に磨きをかけていきましょうね!

成功のコツは2つある

こんにちは!スタッフの南です。11月になり季節が一気に変わった感じがしますね。ニュースによると今年はインフルエンザが例年以上に流行する恐れがあるとのことです。これからの季節は体調管理がより重要になってくるので、日頃からできる予防活動を徹底していきましょうね!

さて、今回は中だるみしやすいと言われるこの2学期にぜひ生徒の皆さんに伝えたいことを書きたいと思います。皆さんは李白という中国の唐代の詩人を知っていますか?国語の教科書でみたことありますよね。その李白がまだ若かった頃に経験したことが由来となっている「磨斧作針(まふさくしん)」という四字熟語があるので、そのエピソードを紹介したいと思います。

 

ある若者が学問で身を立てるために都会に出ました。しかし、なかなか学問が成就せず家に戻ろうとします。その帰る道の途中、小さな川を渡ったところに一人のお婆さんがいました。こんなところで何をしているのかと思って見てみると、そのお婆さんは鉄の斧を研いでいました。そこで、若者はお婆さんに、

「ここで何をしているのですか?」と尋ねてみました。

するとお婆さんは、

「斧を研いで、針を作っているのです。」と答えました。

若者はその言葉に大きな衝撃を受けました。斧を研いで針を作るなど気の遠くなる話です。しかし、辛抱強く続けていけばやがては針になるでしょう。

学問の道もこれと同じではないだろうか、少し努力をして上手くいかなかったからといってあきらめてはならない。忍耐強く勉強を続ければきっと成就できるに違いない!

そう考えた若者は、家に帰るのをやめて学問を続け、やがて立派な学者になったのです。

 

この若者が李白であると言われております。そして、この故事から生まれた四字熟語が「磨斧作針」(辛抱強く努力を続ければ、困難なことでもついには成し遂げられる)です。一方、日本の江戸時代の思想家、二宮尊徳も「積小為大(せきしょういだい)」という言葉を残しています。これも、小さなことの積み重ねが大きな発展や成果につながるという意味で、よく似た言葉と言えるでしょう。

イエローハットの創業者である鍵山秀三郎さんは、かつて若い人たちに話をした際に「成功のコツは2つある」と言ったあとに、「コツコツ」と板書したと言われています。辛抱強く努力し続けることでしか大きな成果を得られないということは、多くの先人の生き方を見れば明らかです。

生徒の皆さんも1日1日の積み重ねを意識して、自分が今日やるべきことにちゃんと専念できたかだかどうかということを日々振り返りながら2学期後半を過ごしていきましょうね!

継続が「じしん」を作る

みなさん、こんにちは!スタッフの井上です。10月は中間試験がありましたね。見直しや振り返りはしっかり出来ましたか?大学受験生にとっての10月は、ほぼ毎週末テストがある忙しい1ヶ月でしたね。中間試験に始まり、共通テストマーク模試、記述模試……生徒によっては総合型選抜(AO入試)の受験もありました。こんな忙しさは経験したことがない、というくらい目まぐるしい1ヵ月だったのではないでしょうか。

11月は、学校型選抜(主に公募推薦入試)の1ヵ月です。系列の匠個別予備校の生徒も、半数弱が公募推薦を受験します。そして、ここから3月まで、生徒たちを毎週のように模試や受験に送り出す日々が約半年続きます。受験生のみなさんも、私を含めて講師一同も、体力・精神力共にしっかり整えて、万全の態勢でこの半年を乗り越えていきましょう。

さて、今月は、継続が「じしん」を創るということをお伝えしたいと思います。

そもそも成功するような人って、どんな人でしょうか。他の人では出来ないことが出来る人、他の人は持っていない資質を持っている人でしょうか。では、そういった成功する人、ハイパフォーマーは、初めから何でも出来たのでしょうか?——きっとそんなことは無いですよね。出来ないことを、出来るようになるまでコツコツと継続し、それを習慣化して身に着けてきたのでしょう。すなわち、現在のその人自身を創り上げたのは、継続してきた習慣によるものです。みなさん、「継続は力なり」という言葉はご存知ですよね。「わずかなことでも、続けて行えば成果となってあらわれる。小さな努力も、続けてやれば成功する。(デジタル大辞泉)」という意味です。良い習慣の継続によって自分「自身」を創り上げていく、ということではないでしょうか。

そして、継続して努力してきたということ自体が、いつしか自分に対する「自信」に変わっていきます。大学受験生でも、長期間にわたってコツコツと継続してきた受験生のメンタルは強いものです。成績が少し落ち込むようなことがあっても一喜一憂せず、これまでの学習過程を信じて踏ん張れるようになります。ぜひ皆さんにも、改めて継続することの大切さ、「継続こそ力なり」と思って、実践につなげていってほしいと思います。私自身も、自己研鑽に励み、成長していきます!

自分の役割にベストを尽くす

こんにちは!スタッフの南です。いよいよ2学期がスタートしましたね!ほとんどの中学生、高校生が10月に早速定期テストが控えていると思いますので、気合を入れて勉強を頑張りましょうね!

さて、今回は学校生活が再開したということで、日々生活をする上での教訓になるようなことを書こうと思います。僕たち匠ゼミナールの想いは、教室でも常日頃発信し続けていますが、「学力向上」と「人間力向上」の2つを両立するということです。生徒の皆さんには日常生活の中で「人間力のトレーニング」ということを常に頭の片隅に置いて行動をしてほしいと願っています。そして、学校生活の中ではそういうことを学ぶ機会も多いわけです。

話は変わりますが、野球の本場アメリカのメジャーリーグでは優勝したチームのメンバー1人ひとりに、チャンピオンリングというものが贈られます。皆さんは日本人の中で最も多くチャンピオンリングを持っているのは誰か知っていますか?それは、植松泰良という人です。では、その人のポジションは何だと思いますか?それは、キャッチャーです。しかし、ブルペンと呼ばれる、出番を待つピッチャーが投球練習をする場所の専属のピッチャーなのです。試合に出ることもなく、注目を浴びることもありません。しかし、植松さんはブルペン捕手という仕事に生き甲斐を感じ、次のピッチャーが最高の気持ちで試合に出られるようにと、細かいところまで気を遣い、人知れず努力をし続けてきました。

そんな植松さんが驚いたことがあったそうです。それは、ある日ブルペンに座った時、観客の1人から「タイラ!」と名前を呼ばれたのだそう。植松さんの素晴らしい仕事ぶりが、いつのまにか周りのファンにも知れ渡っていたのですね。また、当時所属していたジャイアンツというチームからは「ブルペン捕手は植松にしか任せられない」と高く評価されていたとのことです。その間にチームは3回の優勝を果たし、植松さんもチャンピオンリングを3度手にしたのです。決して目立つ仕事ではないけれど、チームからもファンからも大切な選手として認められた植松さんが、日本人で最も多くのチャンピオンリングを持っているのです。ちなみにこの植松さん、今年の2022年シーズンからはサンフランシスコ・ジャイアンツのアシスタントコーチに就任したということで、日本人がメジャーリーグでフルタイムのコーチに就任するのは初めてのことだそうです。

世の中のすべての仕事は誰かのために存在します。仕事自体に価値の差があるのではなく、それに取り組む人の気持ちや姿勢に差が生まれるのですね。誰かのためにという気持ちで一生懸命頑張ったことは巡りめぐって自分にとってもプラスになって返ってくるのです。そういう経験を1つでも多く積み重ねていくことが、自分を磨くことにつながると思います。生徒の皆さんの場合でも、学校のクラスや部活で今自分に与えられている役割というのは必ず「誰かのため」という目的があるはずです。そういう目的を忘れずに、今の自分にできるベストを尽くすことが、結果的に自分自身をより高めていくことにつながるのではないでしょうか。

99.99%報われないとしても、努力しなくていい理由にはならない。

みなさん、こんにちは!スタッフの井上です。

さて、高校受験・大学受験にとって重要な、この2学期の始まりに、お伝えしたいことを、ずばりタイトルにさせていただきました。

 

99.99%報われないとしても、努力しなくていい理由にはならない。

 

この言葉は、週刊少年マガジンで連載された安田剛士によるサッカー漫画「DAYS」に出てくる名言です。大人の私でも、かなりグサッとくる一言です。いや、それなりに歳を重ねたからこそ、かえって刺さるのでしょうか……。

確かに、報われることが分かっているのなら、きっと誰でも努力できますよね。報われるか分からないから、自信が持てない、努力ができない、続けられない……。憧れで志望校を追っかけていたところから、受験と言うものが少しずつ迫ってきてリアルに感じられるようになるのが2学期です。夏を越えて、今の実力で受かるのだろうか、徐々に不安感のほうが大きくなってきます。

しかし、だからこそ、努力には価値があるのです。誰もが達成できるわけでは無いからこそ、目指す価値があるのではないですか。

「DAYS」のなかで、私が好きな言葉をもう一つ紹介させてください。

 

人が本気で挑戦して努力して成せないことなんてこの世に何一つない!途中で挑戦をやめるからまるで失敗したように写るんだ。————すべて勝利のための一部なんだ。無駄なんかじゃない。あんたが頑張ってきたことはすべて。

 

綺麗ごとかも知れませんが、これを言い切るところがなんともカッコいいと思います。「99.99%報われないとしても」と言っておきながら、それでも努力は無駄じゃない、というメッセージが良いですね。

一度の勝ちも負けも、言ってしまえば、どちらもただの結果。失敗したとしても、チャレンジした経験は積み重なります。どんなに失敗しても、そこに必ず成長があります。

夏の模試で不安や自信が揺らいだ生徒もいるかもしれません。しかし、それも「勝利のための一部」です。そこから得た経験を自分のなかで消化し、次に繋げていきましょう。

いよいよ始まる、大学受験

みなさん、こんにちは!スタッフの井上です。もうすぐ2学期がはじまりますね。夏の成果を生かし、良いスタートを切りましょう。

そして、匠個別予備校にとっては、2学期は大学入試が始まる時期でもあります。ここから、3月にある国公立後期まで、毎月毎月、切れ目なく入試が続いていきます。大学入試は、丸半年間受験期という、長期戦です。それだけ、受験戦略も複雑になりますし、受験生のスタミナ、メンタルも必要とされ持久力が試されます。そのために、出願や受験対策が後手後手にならないよう見通しをもって受験期を過ごすことが重要です。ぜひ、これを読んでいる下級生の皆さん、保護者の皆さまも大学受験のことを少し頭に置いておいていただけると幸いです。

まず、大学受験のスケジュールをおさらいしましょう。中学生の皆さんは、半年間もずっと受験があるの!?と衝撃を受けているかも知れませんね笑

9月 学校推薦型選抜の指定校・内部進学等の内定

10月 総合型選抜(AO推薦等)

11月 学校推薦型選抜 指定校・内部進学・公募推薦等の選抜試験

12月 一部大学における特別奨学生試験等の特別選抜

1月  大学入学共通テスト

2月  国公立大学前期試験・私立大学前期試験、後期試験

3月  国公立大学後期試験・私立大学後期試験

改めてみても、いっぱいありますね。補足しておくと、9月の指定校・内部進学等の内定、というのは、在籍してる各高等学校から学校の代表に選ばれる=推薦を受ける生徒として内定を受ける、と言う意味です。指定校などの推薦方式では、この内定が無ければ、そもそも出願ができません。したがって、実質この9月の内定がもらえるかどうかが、ほぼ合否となります。ただし、その後11月頃に、大学の入学試験は一応課されますのでご注意を。

いわゆる一般選抜とよばれるものでも、1月~3月の3ヶ月にわたって実施されますし、推薦選抜まで含めると、上記のとおり実に半年にわたって入試が行われています。また、大学入試のやっかいな点は、いくつも出願できる方式と、1回切りしか出願できない方式があること(専願と併願の差)、そして、入試方式によってペーパー試験でさえ科目が変わる場合があること、です。つまり、大学によって、あるいは入試方式によって試験科目が大きく変わってしまうので、多くのことを考慮した受験戦略が必要となります。

さて、みなさんは、どの方式を、いつ、いくつ出願しますか?———突然言われると、結構困りますよね。まず、これだけたくさんの入試方式について理解する必要がありますし、自分の持っている学力、あるいは評定・資格・部活等の実績から、どれにチャレンジすることができるかということの把握、そして、募集要項や受験上のルールに従って問題のない出願をしなければなりません。

さて、高校3年生は、すでに待ったなしですから、具体的に出願するものを相談していきましょう。高校1・2年生は、なるべく早くから調べて、自分がチャレンジしたい選択肢の情報収集をしましょう。そして、私が一番お伝えしたかったのは保護者様、中学生の保護者様も、です。中学生の保護者様であれば、あるいは高校を選択する基準が変わったりと、選び方に変化があるかもしれません。高校生の保護者様も、高校での部活動や、英検などの資格取得、課外活動に参加するかなど、高校生活の選択肢もより広く、変化があるかも知れません。決断するのは、じっくり考えてからでも良いと思いますが、ご本人の適性や性格にあわせた選択肢を選べるよう、早くからの情報集めが肝要ですね。

意識はできているか

みなさん、こんにちは!スタッフの井上です。いよいよ夏休みが来ました。勝負の夏です。この夏、なにを達成しますか?実りの多い1ヶ月にしましょうね。

さて、夏は、大学受験にとっても非常に重要な季節。合否を分ける1ヶ月といっても過言ではありません。理由はシンプルです。1年間でもっともたくさんの時間が確保できるから。自習室の利用記録をみると、8月の最長利用記録は毎年320時間前後になります。こんなに沢山の時間が、9月以降に確保できるでしょうか?

実際、8月の終わり頃に志望校の再検討を一度行います。すなわち、今の志望校の合格見込みがどれほどあるかを考える、ということです。もちろん「最後までやってみないと分からない!」のはその通りなんですが、とはいえ、現実的な可能性というのは、ある程度この時期には見えてきます。

このように、合否を左右する、さらに言えば、そもそも志望校を変えずにチャレンジできるか?!ということを左右する夏。やはり、しっかりと目標達成していきたいですよね。

たくさん時間がある夏を有効活用するためには、何が大切でしょうか。

例えば、時間がたくさんあるといっても、朝寝坊してダラダラとしては意味がありませんので、生活リズムを崩さないということは大前提として重要でしょう。あるいは、いくら時間がたくさんあっても「やるべき」学習ではなく、「やりたい」学習ばかりやっては、これも意味がありません。夏休みになると学校の時間割から解放されるので、むしろ、好きな科目ばっかり取り組んで、苦手科目を避ける、なんて人もいるかも知れません。そして、各教科でどういった教材に取り組むか、どの単元を学習するか、時間配分、レベル…など、学習のカリキュラムは当然重要です。

具体的に考えていくと、重要だと思われることは際限なく出てきます。しかし、一言でいうなれば、「目的・目標を日々意識しているか」ということではないでしょうか。目的・目標を決めている、ではありません。日々の生活、学習習慣のなかで「意識できているか」ということが大切です。それが出来ていれば、事細かに一つ一つの課題を定めなくても、あるいは、常に課題を与えられなくても、目的という磁場に向かって、すべての行動が自然と方向づけられるものです。

夏休みは、1年でもっとも自由度が高い季節、裏を返せば、自己責任の期間です。だからこそ、自分自身の目標としっかり向き合うことができる時期でもあります。しっかりと目的・目標をたて、目標達成につながる夏にしていきましょう。

物事の本質を考える

こんにちは、家庭教師の学び家代表の大久保です。そろそろ1学期の終わりが見えてきましたね。新しい学校やクラスには馴染んできたでしょうか?ここから夏休みに入ると生活習慣が崩れがちになるので、今から夏休みの計画を立てて有意義な休みになるようにしていきましょう。

先日テレビを見ていると、気象病について取り上げられていました。低気圧が来ると頭痛がしたり身体が重くなったりするという、気象条件にひっぱられて起こる体の不調のことを気象病といいます。僕が見ていた番組では、「梅雨になると湿度が上がり、自律神経の働きが乱れて腰痛や関節痛が起こる」という話をしていました。その話を聞いたときは、正直に「そんなことまで関係するものなのか」と驚きました。

自律神経というのは、内蔵の働きや代謝、体温のコントロールなどをコントロールする神経です。心身を活発にする(興奮させる)交感神経と心身をリラックスさせる副交感神経がバランスをとって働くものなのですが、先ほどいったような気象条件や不規則な生活などで思いのほか簡単に乱れてしまいます。例えば、夜になったら副交感神経がしっかり働いてリラックスすることで眠りに就けるのですが、寝る直前までテレビやスマホを見ていると脳が興奮して交感神経が優位になり、なかなか眠れなくなる、というような感じです。自律神経の乱れについては最近様々なところで取り上げられているので、気になった方は調べてみてください。

さて、話を戻しましょう。梅雨時期に起こる腰痛や関節痛の原因が、自律神経の乱れにあるというところです。この腰痛や関節痛に対処するためには、自律神経の乱れをもとに戻すために規則正しい生活や食事をしたり、湯舟につかったりする、ということが効くそうです。

しかし、原因が自律神経にあるということを知らなかったらどうするでしょうか?痛いところにシップを貼ったり、マッサージをしたり…“外側”から治そうとするのではないでしょうか。

そうした、いわゆる対症療法は、一時的には効果が出て痛みもマシになるでしょうが、根本的な原因が解決できていないのでしばらくするとまた繰り返すということになるでしょう。

一方で、「梅雨の時期には自律神経が乱れて腰痛や関節痛が起きる場合がある」という知識を一つもっているだけで、対症療法に加えて生活習慣を整えるように動くことができます。痛みを持っているところだけに対処するのではなく、身体全体に対してアプローチをすることになるので、次にまた同じことが起こっても症状が軽くなるという期待もできるでしょう。

身体だけではなく、物事というのはすべて同じことだと思います。問題が起こったときに表面上はなんとか対処して取り繕っても、根本的な原因に対処しない限り、また別のタイミング、別の場所で問題が発生してしまいます。大事なのは、そうなってしまった原因を見つめなおし、どう対処すればいいのかについて学び、対処することです。「今までこうやってなんとかしてきた」という習慣を変えることになるのは大変かもしれませんが、長い目で見て、後から振り返ったときに「あの時に対処しておいてよかった」と思う日が必ずやってきます。

もちろん、自分で調べるには限界があるので、困ったときには専門家の意見を聞くのもいいでしょう。身体の不調なら、かかりつけのお医者さんに。勉強や進路については、匠の先生に。自分自身をしっかり見つめなおしながら、一歩ずつ進んでいきましょう。