意識はできているか

みなさん、こんにちは!スタッフの井上です。いよいよ夏休みが来ました。勝負の夏です。この夏、なにを達成しますか?実りの多い1ヶ月にしましょうね。

さて、夏は、大学受験にとっても非常に重要な季節。合否を分ける1ヶ月といっても過言ではありません。理由はシンプルです。1年間でもっともたくさんの時間が確保できるから。自習室の利用記録をみると、8月の最長利用記録は毎年320時間前後になります。こんなに沢山の時間が、9月以降に確保できるでしょうか?

実際、8月の終わり頃に志望校の再検討を一度行います。すなわち、今の志望校の合格見込みがどれほどあるかを考える、ということです。もちろん「最後までやってみないと分からない!」のはその通りなんですが、とはいえ、現実的な可能性というのは、ある程度この時期には見えてきます。

このように、合否を左右する、さらに言えば、そもそも志望校を変えずにチャレンジできるか?!ということを左右する夏。やはり、しっかりと目標達成していきたいですよね。

たくさん時間がある夏を有効活用するためには、何が大切でしょうか。

例えば、時間がたくさんあるといっても、朝寝坊してダラダラとしては意味がありませんので、生活リズムを崩さないということは大前提として重要でしょう。あるいは、いくら時間がたくさんあっても「やるべき」学習ではなく、「やりたい」学習ばかりやっては、これも意味がありません。夏休みになると学校の時間割から解放されるので、むしろ、好きな科目ばっかり取り組んで、苦手科目を避ける、なんて人もいるかも知れません。そして、各教科でどういった教材に取り組むか、どの単元を学習するか、時間配分、レベル…など、学習のカリキュラムは当然重要です。

具体的に考えていくと、重要だと思われることは際限なく出てきます。しかし、一言でいうなれば、「目的・目標を日々意識しているか」ということではないでしょうか。目的・目標を決めている、ではありません。日々の生活、学習習慣のなかで「意識できているか」ということが大切です。それが出来ていれば、事細かに一つ一つの課題を定めなくても、あるいは、常に課題を与えられなくても、目的という磁場に向かって、すべての行動が自然と方向づけられるものです。

夏休みは、1年でもっとも自由度が高い季節、裏を返せば、自己責任の期間です。だからこそ、自分自身の目標としっかり向き合うことができる時期でもあります。しっかりと目的・目標をたて、目標達成につながる夏にしていきましょう。

物事の本質を考える

こんにちは、家庭教師の学び家代表の大久保です。そろそろ1学期の終わりが見えてきましたね。新しい学校やクラスには馴染んできたでしょうか?ここから夏休みに入ると生活習慣が崩れがちになるので、今から夏休みの計画を立てて有意義な休みになるようにしていきましょう。

先日テレビを見ていると、気象病について取り上げられていました。低気圧が来ると頭痛がしたり身体が重くなったりするという、気象条件にひっぱられて起こる体の不調のことを気象病といいます。僕が見ていた番組では、「梅雨になると湿度が上がり、自律神経の働きが乱れて腰痛や関節痛が起こる」という話をしていました。その話を聞いたときは、正直に「そんなことまで関係するものなのか」と驚きました。

自律神経というのは、内蔵の働きや代謝、体温のコントロールなどをコントロールする神経です。心身を活発にする(興奮させる)交感神経と心身をリラックスさせる副交感神経がバランスをとって働くものなのですが、先ほどいったような気象条件や不規則な生活などで思いのほか簡単に乱れてしまいます。例えば、夜になったら副交感神経がしっかり働いてリラックスすることで眠りに就けるのですが、寝る直前までテレビやスマホを見ていると脳が興奮して交感神経が優位になり、なかなか眠れなくなる、というような感じです。自律神経の乱れについては最近様々なところで取り上げられているので、気になった方は調べてみてください。

さて、話を戻しましょう。梅雨時期に起こる腰痛や関節痛の原因が、自律神経の乱れにあるというところです。この腰痛や関節痛に対処するためには、自律神経の乱れをもとに戻すために規則正しい生活や食事をしたり、湯舟につかったりする、ということが効くそうです。

しかし、原因が自律神経にあるということを知らなかったらどうするでしょうか?痛いところにシップを貼ったり、マッサージをしたり…“外側”から治そうとするのではないでしょうか。

そうした、いわゆる対症療法は、一時的には効果が出て痛みもマシになるでしょうが、根本的な原因が解決できていないのでしばらくするとまた繰り返すということになるでしょう。

一方で、「梅雨の時期には自律神経が乱れて腰痛や関節痛が起きる場合がある」という知識を一つもっているだけで、対症療法に加えて生活習慣を整えるように動くことができます。痛みを持っているところだけに対処するのではなく、身体全体に対してアプローチをすることになるので、次にまた同じことが起こっても症状が軽くなるという期待もできるでしょう。

身体だけではなく、物事というのはすべて同じことだと思います。問題が起こったときに表面上はなんとか対処して取り繕っても、根本的な原因に対処しない限り、また別のタイミング、別の場所で問題が発生してしまいます。大事なのは、そうなってしまった原因を見つめなおし、どう対処すればいいのかについて学び、対処することです。「今までこうやってなんとかしてきた」という習慣を変えることになるのは大変かもしれませんが、長い目で見て、後から振り返ったときに「あの時に対処しておいてよかった」と思う日が必ずやってきます。

もちろん、自分で調べるには限界があるので、困ったときには専門家の意見を聞くのもいいでしょう。身体の不調なら、かかりつけのお医者さんに。勉強や進路については、匠の先生に。自分自身をしっかり見つめなおしながら、一歩ずつ進んでいきましょう。

たくさんの失敗をしよう

みなさん、こんにちは!スタッフの井上です。期末試験が終わった学校も多いのではないでしょうか。早いもので、もう1学期が終わろうとしています。ということは、夏休みがもう間近!みなさん、この夏の目標はもう決まりましたか?

受験生にとっては、この夏が受験にとって重要な時期となります。「夏は受験の天王山」という言葉があるように、この夏の頑張りが受験の合否を左右するといっても過言ではありません。そして、夏は模試の時期でもあります。模試の目標に向けて努力し、そして、模試の結果を見てさらに努力する。

しかし、この夏の模試は、受験生によっては鬼門となる場合があります。否応なく自分の実力を痛感させられる模試は、受験生にとって楽しいもの、ではありません。どんな結果が出たとしても、「あの問題で点を取りこぼした」「時間配分を間違えた」「まだ履修が追いついていない」など、完璧に上手くいくということは滅多にありません。そうです、多くの場合は、失敗を経験します。

失敗をあまりに強く感じてしまい、何が原因で失敗したか、何が課題なのか、次どうするのか、という思考がフリーズしてしまうと問題です。モチベーションが落ち、次回への対策を講じることをしなければ、それは確かに「失敗」になります。一生懸命努力した結果上手くいかなければ、ショックを感じるのは当然でしょう。ショックを受けるのは本気で取り組んできた証拠なのかも知れません。しかし、目標を諦めたくないのであれば、再び自力で前を向かねばなりません。

失敗に対して過度に落ち込んでしまう生徒さんの多くが、真面目な方が多いように思います。あるいは、これまで大きな挫折の経験が無いとも言える知れません。これまで真面目にコツコツと取り組んできたからこそ、失敗するのは悪いこと、恥ずかしいこと、失敗しないような選択をするのが当たり前、というような認識を無意識的に持っているのかも知れません。

しかし、失敗したということはチャレンジしたということ。失敗の数は、頑張ってきた数です。そして、そこから次へのヒントを得て、生かしていけば良いのです。また、大人の立場としては、失敗を悪いこと・恥ずかしいこと、という認識を持たせないような態度をとる責任があると思っています。子どもたちが、チャレンジしようと思ったとき、失敗を非難されることを恐れて立ち止まるような環境やメッセージを無意識的に発していないか、充分気を付けないといけませんね。

「一度も失敗したことのない人はいないだろう。いるのであれば、それは、何にも挑戦しなかった人だ。」チェレンジの数だけ、失敗があると思います。だから、失敗の多さを誇れば良いのです。トライ&エラーを重ねて、少しずつ成長していきましょう。

 

努力はウソをつく、でも無駄にはならない

こんにちは、代表の大久保です。雨の日があったり、暑い日があったり、なかなか毎日同じようにはいかない時期ですね。大切なのは十分な睡眠と栄養のとれた食事をしっかりとることだと、この歳になるとつくづく感じます。若いみなさんは多少の夜更かしをしたところで今は支障が出ないかもしれませんが、その無理は10年、20年先に返ってくるかもしれません。規則正しい生活が習慣になるように気を付けていきましょうね。

さて、今回は努力についてお話ししようと思います。5~6年ほど前に、フィギュアスケートの羽生結弦選手がメディアのインタビューで「努力はウソをつく」と発言したことが話題になりました。一見、よくいわれる「努力は裏切らない」という言葉の真逆のような言葉なので、その言葉を胸にがんばっている人が聞くとドキリとしてしまいますね。しかし、羽生選手が言いたいことは、続けた言葉の中にこそあります。

「努力はウソをつく。でも無駄にはならない。」

「努力がウソをつかないんだったら、やっぱり練習量を1番している人が毎回、毎回、優勝できるでしょう。オリンピックでも…どんなに努力している人でも、勝てない時は勝てないんだなと思った。逆に本当に若い選手が、勢いで取っちゃうってことも。そういう意味で、努力っていうものはウソをつく。努力の正解を見つけることが大切」

どうでしょうか?僕はこの言葉を知ったとき、なるほどな、と納得しました。スポーツの世界でも勉強やビジネスの世界でも、成功というのはかけた時間に比例するわけではありません。しかし、努力しなければ成功することもありません。そしてその努力は次の目標に向かう時に“経験”として自分自身の力になることでしょう。

「努力の正解」というのは人それぞれ考えがあると思いますが、僕は「目的を考え、目標を定めること」「目標達成のために行動すること」「目標達成ができなかった時には自分を振り返り、次の目標に向かって修正をして再スタートすること」そしてこれらに「本気で取り組むこと」だと思います。

そうすることで、たとえその時は成功しなかったとしても、成長してもっと高い目標へのチャレンジを続けていけることでしょう。その努力を続けた人はきっと長い人生の中で誰よりも生き生きと楽しめるはずです。

長い人生の中、時に努力が報われたり、時に努力にウソをつかれたり…なかなか思うように事が運ばずモヤモヤしてしまうこともあるでしょう。大事なのは人生はそういうものだと受け入れて進んでいくことです。

努力して成功するかどうかはわかりませんが、成功するためには努力が必要です。辛いときには立ち止まって息を整えながら、焦らず、たゆまず進んでいきましょう。

学び家スタッフ一同、自分の未来に向かって歩き続けるみなさんを全力でサポートしていきます!

匠個別予備校の先行説明会を行いました

みなさん、こんにちは。教務スタッフの井上です。1学期中間テストも終わりましたね。学年が上がって初めての定期テストだったので、教科担当の先生方が変わったことで出題傾向にも変化がありましたね。しっかりと復習して、期末試験に生かしていきましょう。

 

さて、去る4月16日に系列の匠個別予備校の先行説明会を実施しました。匠グループに所属する高校生の皆さんへ向けて実施した、この説明会。教室に入れる定員いっぱいの申込をいただきました。また、新高1・新高2生向けに行いましたが、半数は新高1生の皆さんでした。ついこの間、高校入試が終わったばかりの高1生ですが、多くの生徒の皆さんが次の目標を見据えているようで大変素晴らしいと思います。

 

先行説明会では、大学入試の概要とそれに対する対策についてご説明しました。大学入試にはフライングはありません。後から始めても、先に初めても、志望校に対して学習すべき内容は変わりません。そうであれば、早く始めて確実に身に着けていった方がいいですよね。また、現実的に目標が高ければ高いほど、やるべきことは増えます。大学入試を、高校入試の延長線上に考えてはいけません。まず、学習習慣・学習方法を身に着けるのに2ヶ月~3ヶ月、そこから各教科の基礎学力の復習に最低3ヶ月、受験対策に入れる状態になるまでに6か月はかかります。それでようやくスタートラインです。ですから、早く始めること、そして、それ以上に「継続すること」が最も大事だと思います。

 

学習一辺倒になる必要は無いと思いますが、早くから情報を集め、自分が絶対に外してはいけないポイントを理解しておくべきです。そして、可能な限り早く志望校を決めて、できれば2年生のうちには対策を始めましょう。今回の説明会でも、説明会の終了後に自主的に受験相談に来てくれた生徒さんたちがいました。高校2年生の生徒さんでしたが、推薦に関する相談や、推薦も視野に入れたうえで一般入試にチャレンジする場合の相談など、すでに具体的に考えていることが分かる質問内容でした。一歩先を進んでいますね!ぜひ皆さんも、自分事として捉え考える時間を作ってみましょう。疑問や相談は、しっかりアドバイスしてきますので、ぜひスタッフにシェアしてくださいね!

笑顔は最高のお薬

こんにちは!スタッフの南です。今の時期的にはちょうど中学校、高校の1学期中間テストの真っ最中か、次の期末テストに向けて新たな目標を設定している頃でしょうか?

本題に入る前に、先日僕自身が得た気づきを皆さんにシェアしたいと思います。生徒のみなさんは「勉強=できればやりたくないもの」で「勉強を頑張る=やりたくないけど我慢して頑張る」みたいに思っている人が多いのではないですか?僕もその気持ちはよく理解できるのですが、その考え方だと何カ月、何年と続けていくのは難しいですよね。モチベーションをどう高めて、どう維持していくのか、難問です。

さて、先日僕がどういう気づきを得たのかといいますと、ご自身でダイエットセミナーを行われているとある方のお話を聞いたときのことなのですが、「我慢と思いながらのダイエットは上手くいかないよ、そういう生き方に変えるんだ。僕がやっているのはダイエット法とかの指導ではなくて、まずは生き方の指導なんです。」と言われまして、ハッとしたんですね。そして、これって勉強も一緒じゃないかと。誰かに言われて「はぁ、やらなきゃいけないな…」という消極的な気持ちのまま、やり方だけ工夫して勉強を頑張っていこう!というのはやはり限界があると思います。ですので、長い目で見たときに理想を現実にしていける人になっていくには、勉強の面だけを改善するというよりも、やはり根本となる考え方を変えて、生活習慣を変えて、生き方そのものを変えていくということが大事なのだと思います。僕自身もそういったことを学び続けて、子どもたちに日々発信していきたいと思っております!

さて、ここから今回の本題に入りますね。みなさんに質問ですが、世の中でうまくいっている人に共通している特徴は何だと思いますか?これは以前僕が参加したある講演会で実際に投げかけられた質問なのですが、理想を実現させていく力が強い人が最優先で意識していることには共通点があるらしいんですね。それは何かというと「常に上機嫌でいること」とのことです。機嫌というのは周りにも伝わりますから、上手くいく人は周りの人も明るくさせてしまうのですね。大事なのは上手くいくから機嫌が良いのではなく、常に上機嫌を意識しているから上手くいくのだということです。みなさん振り返ってみてください、今年に入ってから5カ月経ちますが、自分のご機嫌の度合いはどのくらいでしたか?正直なところ僕自身はまだまだだなと思うところもあり、その話を聞いてからは1日の振り返り事項に「今日はご機嫌に過ごせたか?」という項目を追加しました。

そして、機嫌よく過ごすことの第一歩は「笑顔」を作ることですね。口角をキュッとあげて笑顔を作ることで、自分の気分を上げていくことができます。そうするだけでもきっといつもと日常生活が変わったなと感じると思いますよ。なぜなら、気づかぬうちにあなたの笑顔が周りの人を変えていくからです。ある人から「笑顔は副作用のない最高のお薬」という言葉を聞きました。本当にそうだなと思います。今月も「笑顔」を意識して上機嫌で過ごしていきましょう!

GW休業のお知らせ

下記期間をGW休業とさせていただきます。

休業期間:4月29日(金)~5月5日(木)

休業期間中は電話が繋がらない状態になります。あらかじめご了承ください。
5月6日(金)10:00より電話受付を再開いたします。

皆さんと元気にお会いできることを楽しみにしております。
どうぞ、事故やケガには十分ご注意して過ごしてくださいね。

やることを明確化する

皆さん、こんにちは!スタッフの井上です。新学期も始まってしばらく経ちましたね。新しいクラスには慣れましたか?学校だけに限らず、春は新しいことがスタートする季節。いろいろなところで、ワクワクやドキドキを感じたでしょうか?一方で、環境の変化があると疲れが溜まってきてしまうもの。しっかりリフレッシュして、良い5月にしていきましょう。

さて、今回は高校生の新生活についてお話ししていきます。高校1年生のみなさん、まずは学校の学習にしっかり取り組みましょう。当たり前のことですね。そして、実際、大学入試のことを視野にいれても、評定を取ることは非常に重要なことです。評定は、高校受験と同様に推薦入試を受けるために、多くの場合で必要になります。私立大学であれば、54%程は各推薦入試で合格を得て進学しています。公立大学でも、28%程が推薦入試によって進学します。旧帝大などの最難関を目指している場合を除き、高校1年生の時期から推薦入試を視野に入れずにいるのは、大変危険です。そして、大学入試で必要となる評定は「高校1年生1学期~高校3年生1学期」になります。高校入学してひと段落、とならないよう、学習習慣を継続させていくことが大切です。

高校2年生のみなさん、一般入試を控えるみなさんも、2年生になったらいよいよ受験勉強を始めましょう。「え、早く無いですか?」と思った生徒さんがいたら、要注意です。大学入試は、一番早い方式で9・10月ごろからスタートします。先ほどお伝えした通り、今は推薦入試が多種多様にあり、また数も多いです。一般入試で国公立を受験したい、と考えていても、半数ほどは推薦も出願します。したがって、高校2年生2学期には受験期1年前になる、と思ってください。また、共通テスト対策も含めて、数年前より数か月早倒しで受験対策を始める必要があると思います。したがって、高校2年生に上がるタイミングでは、大学受験対策をどういう環境で、どういうやり方で、どう進めていく必要があるか考え始めましょう。

高校3年生のみなさん、志望校も決まり受験対策を始めていることと思います。その志望校の合格が勝ち取れるよう、最大限の努力を続けていきましょう。そして、高3の時期によく検討すべきは、どういう受験の仕方、例えば、推薦を受けるべきか、受けるならどのようなレベル感を?何校?一般入試はどこまで滑り止め出したら安全圏?ふつう何校ぐらい出願するもの?…と具体的に考え始めると、正直、自己判断で大丈夫かな?と不安になると思います。やはり、特に出願にあたって、もちろん大学・学部別の受験対策は、学校の先生や塾など、知識を持っている人に確認するのが良いと思います。また、大学受験は決して少なくないお金も必要になります。きちんと保護者のかたにも、理解していただいて応援していただかない限り、自分の力だけでは受験できません。したがって、色々な選択肢をよく検討するために、自分に有利な方式を浪費しないために、早めに考え始めることが大切です。

いかがでしたでしょうか。受験勉強にフライングはありません。目指す大学や目標があるなら、「まだ先でも大丈夫かな」ではなく、ぜひ今すぐに対策を考え始めましょう。今後も、大学受験情報は積極的にお伝えしていこうと思います。相談事項などあれば、ぜひ相談してください。一緒に考えていきましょう!

心が変われば

こんにちは!教務スタッフの南です。新高校1年生のみなさん、新中学1年生のみなさん、改めてご入学おめでとうございます!多くの人が不安な中でスタートした4月が始まり、部活動や人間関係などもめまぐるしく変わっていることでしょう。それは新入生だけでなく、2年生3年生の在校生のみなさんにも当てはまると思います。ただ、新しい学校生活にもなじんでいっているこの時期だからこそ、進級前、進学前の気持ちを思い出し、もう一段階グッとギアを上げていってほしいと思っています。

今回はアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズ氏の言葉と言われている名言をみなさんに紹介したいと思います。

心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

これは一言でまとめるならば「人生すべて自分次第」ということです。これまでも、そしてこれからみなさんが手にする結果もすべて、みなさん自身が生み出しているものだということです。1行目の心が変わるというのは、このすべてが自分次第だという考え方を持つことができるということではないでしょうか。

新しい環境での生活がスタートすると、それ以前に抱いていたワクワクしたり頑張るぞ!と思う気持ちとは裏腹に、上手くいかないことが起きたり、壁にぶつかったりと、なにかと思うような生活を送れないなと感じることがたくさんあると思います。そして、頑張る人ほど、上手くいくことよりもうまくいかないことの方が多いでしょう。多くの場合上手くいかない原因を他人のせいや、環境のせいにしてしまいがちですが、そういう時にこそ「自分次第で状況を変えていける」という考え方を思い出してほしいと思います。

最後にウィリアム氏の別の言葉をみなさんにお伝えしますね。それは、「人間には、その人がなりたいと思うようになる性質がある。」という言葉です。この先のみなさんは、みなさん自身が思い描いているような自分になっていくということです。壁にぶつかったときに、自分はこの先もダメかも…と思ったらそういう風になっていってしまいますし、逆に、自分ならきっと強くなれる!と思えばそういう風に変わっていくのです。だから、初めに持っていた未来に対するワクワクした気持ちを大事にして、自分だけは誰よりも自分自身のことを信じて頑張り続けましょうね!

「変わらない人」とは「変わり続ける人」ということ

こんにちは、代表の大久保です。あっという間に4月になりますね。毎年のことですが1月から3月はあっという間に過ぎてしまいますね。新年度に向けてきちんと準備ができるように改めて気を引き締めていきましょう。

少し前の話題になりますが、冬季オリンピックでの日本代表選手のみなさんの活躍は本当に素晴らしかったですね!会期中の北京はとても寒さが厳しく大変だったそうですが、結果として冬季オリンピックとしては最多メダル数を獲得した大会となりました。様々な競技、選手が話題になりましたが、やはり今年も男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が話題になりましたね。惜しくも減点になったものの、史上初、4回転アクセルジャンプを飛んだと正式に記録されました。

なにがすごかったかというと、これまで成功したことのない4回転アクセルジャンプにオリンピックという大舞台で挑戦したということです。2大会連続金メダルというすばらしい成績を残した羽生選手には、もちろん今回も金メダルを、という期待やプレッシャーがかなりあったはずです。普通なら成功率の高い、自分の得意な構成で挑もう、と考えると思います。しかしそうせずに果敢に大技に挑戦する、その並々ならぬ精神力と挑戦し続ける姿勢が、羽生選手が注目を集める理由なのでしょう。

スポーツでもビジネスでも学業でも、第一線で活躍し続ける人は羽生選手と同じようにどんどん新しいことに挑戦をし続けています。常に好奇心を絶やさず、様々なことを吸収しようとする姿をみて、周りの人は「若いね」「変わらないね」という感想を持つでしょう。この「変わらないね」というのは言葉だけでみると変化していないというように見えますが、実際は逆で、昔から“変わらず”変化を受け入れ続けている、つまり変化し続けているということです。働き方や考え方を時代に合わせて柔軟に変化させ、新しいことに挑戦し続けることで常に時代に合った生き方をし続けられるのです。

常に変化し続けるというのはなかなかにエネルギーのいることです。新しいことにチャレンジするためには当然新しい知識を学ばなければなりませんし、そのためには今の生活スタイルを変える必要もあるかもしれません。しかしながら、そうしていかなければどんどん時代についていけなくなってしまうというのが現実です。

ここ最近はIT技術が飛躍的に進化し、世界中のあらゆる場所とリアルタイムで繋がるようになったことで距離や時間に関係なく様々な情報がやりとりできる時代となりました。すでにパソコンすら使わずにスマホやタブレットで学習も仕事もできるようになり、いわゆるスキマ時間を使って大学の講義をオンラインで受講することもできます。逆に、そのスキマ時間を娯楽に費やすこともできるでしょう。そのスキマ時間が、積もり積もって大きな差となるのは言うまでもないことですね。

このように、今は時間の使い方ひとつで昔とは比べものにならないほどの差がつく時代です。だからこそ、常に新しいことを吸収し、挑戦し続ける姿勢をもつことがこれまで以上に大切なのです。

10年後、周りの人から「変わらないね」と言われる人になるように、挑戦し続けることを当たり前にしていきましょう!