前後際断

 

こんにちは!教務スタッフの南です。2018年も残すところあとわずかになりました。

秋の日はつるべ落としと言いますが、陽が落ちるのがめっきり早くなりましたね。街を見渡すとそこかしこでクリスマスの準備が着々と進んでいるようです。

今日は禅の言葉から「前後際断」というものを取り上げてみました。禅の言葉では前際とは過去のこと、そして後際とは未来のことを指します。曹洞宗の道元禅師や臨済宗の沢庵和尚は自身の遺した書物の中で次のような内容を述べています。

前際と後際は断ち切れているものです。そのため現在の状況を、過去や現在と対比するあり方を否定しています。つまりあらゆる存在が、時間性によって規定されていないことを示しているのだそうです。

難しいのでもう少しわかりやすく言いますと、人は過去にとらわれ、後悔したり、あきらめたり、悲観したりして、今を過ごすものです。一方で、まだ起こらぬ先の未来を不安に思ったり、逆に、都合のいいことが起こるのかと妄想したりして、今を過ごすものです。しかし、それは過去・未来にとらわれてしまって、今をしっかり生きていない状態だというのです。前(過去)にも後(未来)にもとらわれず、今この瞬間を、精一杯生きるというのが、「前後際断」の持つ意味なのです。

受験生には特によく伝えることですが、入試というのは本当に1日1日の積み重ねであり、入試当日だけ頑張ればよいということではありません。受験が近づくにつれてどうしてもいろいろなことが頭をよぎり、勉強に集中しきれない日があることもあるでしょう。しかし、それはまさに過去にとらわれたり、先の未来を不安に思うことで、その日を全力で過ごせていないということでしょう。

これは受験生ではないみなさんにも大事な話です。例えば定期テストで良い点を取り目標を達成したとしましょう。そのテストに向けて日々頑張り続けたことでしょうし、そのことはとても素晴らしいことです。しかし、人というものはひとつ目標を達成するとどうしても満足してしまい、油断もしてしまいます。しかし、そうなってしまってはあとは下降線を描くだけ、どんどん悪くなってしまいます。上がるのは大変ですが、落ちるのはあっという間なのです。

そうならないためには、終わったことも先のことも断ち切り、まっさらな気持ちで目の前の勉強に臨むことが求められます。「いま」に集中することがなにより大切なのです。自分はこうなりたい、自分はこれがしたい、そういった強い目的意識が自らを高める意欲の源となり、そしてその意欲が「いま」への集中力を引き出してくれるのです。

ダウンロード

 

大学入試が変わる!あなたは大丈夫!?

こんにちは!教務スタッフの井上です!もうすっかり寒くなりましたね。皆さん、風邪には気を付けてくださいね。さて、いよいよ入試直前となりました!受験生は追い込みをかけ、自習室で日々勉強に打ち込んでいます。そして、現2年生はいよいよ受験生になります。「まだまだ先」なんて思っていたかもしれませんが、受験まではあと一年です。1・2年生は、ぜひ3年生の背中を見て来年・再来年の自分の姿を想像してみてください。そして、いまの自分に必要なことを考えてみましょう。

ご存知の方も多いかと思いますが、今、大学受験は大きな転換期を迎えています。これまでの「知識・技能」が重要視されてきた入試制度が見直され、総合的に「思考力・判断力・表現力」までもが重視されるようになります。大学入試改革は2020年度入試から実施されるため、現高2生と現高1生はこの過渡期にあたります。再来年以降は、これまで受験において”常識”と言われていたことが通用しないことも多くなってきます。したがって、自分の受ける年の受験制度がどのようなものかしっかり理解して、自分に何が必要か知ったうえで対策を行っていくことが重要です。

では、実際に大学受験はどのように変わっていくのでしょうか。「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」も評価される、と言われてもあまりピンと来ない人が多いのではないでしょうか。実は、2018年度センター試験で、すでに思考力をはかる問題が出題されています。国語の現代文で、写真と文章を関連づけて論理の構成をつかみ解答を導き出す、という問題でした。そして、このセンター試験そのものも変わります。これまで全てマークシート式だったセンターは、国語と数学で記述解答を要求される大学入試共通試験になります。さらに、英語は、これまでリーディングとリスニングの2技能評価でしたが、加えてスピーキング・ライティング技能も評価対象になり、英検などの資格・検定試験の成績が重要になります。ここまでお伝えしてきたとおり、現高1生の受ける2021年度入試から大学入試は大きく変わります。しかし、もちろん現高2生も油断してはいけません。先ほどもお伝えした通り、すでにセンター試験で新傾向の問題が出題されるようになっています。また、大学個別試験でも入試改革を見据え、入試方法そのものから見直されています。すでに変革は始まっているのです。

これまでの受験は、3年生になったら受験勉強をはじめて直前ギリギリまでに何とか詰め込む、というスタイルが多かったかと思います。しかし、ここで皆さんにぜひ理解して頂きたいことは、「受験直前に頑張って合格を勝ち取れる受験は終わろうとしている」ということです。3年生の夏から暗記事項を詰め込んでも、思考力や表現力はなかなか育ちません。また、英検やTOEICなどの資格試験は、出願に間に合うようにかなり早めに受けなければいけませんし、これまでに無かったスピーキングなどの対策もする必要があります。これからの時代、高校1年生の時期から自分の志望校について考え、総合的に力を伸ばしていくことが重要です。逆に言うと、3年生になってから自分の将来や受験について考えだしても、思考力・判断力・表現力、といった必要な能力を伸ばす時間が足りない、という受験のシステムに変わってきているということです。ですから、1・2年生の皆さんも「まだまだ先」ではなく「もう始まっている」という意識で、自分の受験や将来について考え、今の自分に必要なことを考えてみてください。

PPO_keioudaigakusyoumen_TP_V

「有志竟成」と6つの“C”

こんにちは!教務スタッフの南です。10月も終わりに近づきすっかり気候は秋めいてきました。季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。自分の体調は自分でコントロールするという気持ちで元気に過ごしていきましょう。

さて、10月初旬はノーベル賞受賞者が発表される時期でした。今年はノーベル医学生理学賞を日本の研究者である本庶佑(ほんじょ たすく)先生が受賞されました!研究内容はニュースなどで取り上げられたりしているのを観てご存知の方も多いと思います。本庶先生はがんの治療に関して今までとは違ったアプローチでの治療法を確立しました。

みなさんの中には研究者というのは自分と住んでいる世界が違いすぎてリアルに感じられないという人もいるのではないでしょうか?本庶先生の言葉にも「自分は別に研究者になりたいわけじゃないし、あまり関係ないかも…」と受け取っている人もいるでしょう。しかし、そうではありません。研究とはもっと身近なものであり、誰しも研究者になりうるということを知ってほしいのです。

そもそも研究とはなんでしょう。私は広い意味でいうならば「誰も知らないことを明らかにする。つまり創造すること。」だと思っています。自分が何か壁に突き当たったときに試行錯誤して壁の突破口を見つけ出すこと、例えばスポーツで不振に陥ったときにフォームを変えてみるとか、自分なりの勉強法を生み出すとか、そういうことは全て研究だと思っています。ですので、これから紹介する本庶先生の言葉を自分のための話として受け取ってほしいと思います。

今回タイトルに書いたのは本庶先生が座右の銘としている「有志竟成(ゆうしきょうせい)」という言葉です。もとは中国の古典に書かれている言葉で「志有れば竟に成る」すなわち、「固い志を持つ者は、目的を必ず成し遂げられる」という意味です。

そしてもう一つ紹介したいのが、昨年本庶先生がある高校の生徒と面会した後日にその高校に送ったお礼の手紙の中で綴ったという、高校生(今の若い世代)に大事にしてほしいという6つの“C”の内容です。

「Curiosity(好奇心)を忘れず、Courage(勇気)を持って困難な問題にChallenge(挑戦)し、必ずできるというConfidence(確信)を持ち、全精力をConcentrate(集中)して、諦めずにContinuation(継続)させること」

この言葉の中には目標を達成するためのエッセンスが凝縮されているなと感じました。学術研究だけじゃなく、社会に出てからどの分野に進んだとしてもためになる内容だと思いませんか。そして、本庶先生はもう一つ私たちに重要なことを教えてくれています。それは、誰かのために事を成し遂げるということです。先生の研究の根幹には「困っている人を助けたい」という気持ちがあります。自分は誰のために何をしたいのか、誰を幸せにしたいのか、そういう部分を考えていった結果として高い志を持てるのではないのでしょうか。生徒のみなさんにもぜひ本庶先生の「有志竟成」と6つの“C”を心にとめておいてほしいなと願っております。

s-30900

取り組む姿勢ですべてが決まる!!

皆さんこんにちは!教務スタッフの森部です。昼夜の気温差が目立つ時期となりました。体調不良には十分お気を付けください。さて今回は生徒の皆さん向けに記事を書こうと思います。テーマは取り組む姿勢、心構えの重要性です。皆さんにとって大事な二学期になるので今一度確認しておこうと思います。

テストで大幅な点数アップをする生徒、もしくは見事志望校への合格を果たす生徒に共通する点は何でしょうか。それはいたってシンプルで「自分を信じて前向きに」「目の前の結果にブレず」「継続して取り組む」ことです。しかし、成功体験が少ない生徒は「自分を信じられず後ろ向きに」「悪い結果にブレブレに」なりがちです。そうなってしまうと継続して学習に取り組むことが出来なくなってしまいます。結局、継続的な学習習慣が途切れれば、成績が上がらないのは当然です。

ですので生徒の皆さんは、目の前の結果に一喜一憂するのではなく、良かったところは自分自身をしっかり褒めるということ。逆に悪かった部分は自虐するのではなく、冷静に反省し次回へ繋げること。この2点を強く意識し、努力を止めない自分を作り上げてほしいと思っています。生徒の皆さん、弱い自分に負けないように頑張りましょう!!!

DSCF3255_TP_V

全力を尽くす!!

こんにちは!教務スタッフの南です。4月に始まった今の学年もちょうど半年が過ぎましたね。また、2学期が始まってしばらく経ちました。夏休みが明けてから良いスタートが切れたでしょうか?時間は待ってくれません。1日1日を大切にして過ごしていきたいですね。

さて、今回は「全力を尽くす」ということについて書きたいと思います。まず誤解してほしくないのはヘトヘトの疲労困憊の状態になることだけが全力を尽くすということではないということです。そしてもう一つ重要なことは、この全力を尽くすということは結果の良し悪しとは無関係ということです。

みなさんに質問ですが、みなさんは部活の大事な大会や重要な試験のときなどに全力を尽くしていますか?大体の人が全力を尽くしていると答えるでしょう。では、毎日全力を尽くしていますか?こう聞かれると自信をもってできてます!と答えられる人は少なくなるかもしれないですね。そもそも毎日全力を尽くすってどういうことでしょう。少し漠然としていてよくわからないですね。

全力を尽くすとは、その日その時やるべきことをしっかりこなすということです。言われてみれば当たり前のことですが、ここで1番大切なことはその日その時やるべきことが本当に分かっているのかということです。しかし、実際は何をやらないといけないのかわからない…という人が多いと思います。

日々やるべきことを考えるうえで1番初めに目標を確認しなければなりません。目指すべき場所ですね。目標が無いという人はまず目標を定めましょう。部活だったら大きな大会がありますし、何よりスポーツには勝つか負けるかという結果しかないので目標は立てやすいです。しかし、人生だったらどうでしょう?単に勝ち負けではないので自分がどうなりたいというのを考えるのは難しいですね。そういう時は周りの先輩や大人に相談してみるのも良いでしょう。とにかくゴールを決めるのです。次に今の自分の状況を把握することです。現在地がどこか分からなければ目的地までの道が定まるはずもありません。今の自分の実力を客観的に見ることが重要です。勉強の面ならば塾の先生に聞けば今の自分の状況を細かく教えてもらえるはずです。

目的地と現在地この二つが決まればあとは自然と今やるべきことが見えてくるはずです。それでも分からないという人は、本当に「分からない」のか、それとも「やりたくない」だけなのかを一度考えてみる必要があると思います。

今やるべきことが分かったらあとはやるだけですが、毎日続けていくのは大変な精神力が必要ですよね。その気持ちをどうコントロールしていけばよいのかというのはまた別の機会にお伝えできればと思うのですが、1つだけ分かっておいてほしいのは、その日その時にやるべきことに集中してほしいということです。人というのは未来のことや過去のことを考えすぎるうちに、今やるべきことがおろそかになってしまうものです。「次のテストで失敗したらどうしよう…」とか、「前も頑張ったけどうまくいかなかったし…」などと考えてるうちに「あきらめ」という感情が生まれてしまうのです。

未来も過去も自分の意志でコントロールできません。自分がコントロールできるのは今この時だけなのです。今この瞬間に全力を尽くし、その積み重ねが目標達成への唯一の道であるということを覚えておいてくださいね。

ダウンロード

本部休校のご案内

下記期間を協力企業との合同社員研修のため本部はお休みをいただきます。

休校期間:9月9(日)~9月17(月)

期間中は本部の電話が繋がらない状態になります。ご了承ください。

なお学習指導は通常通り行いますので、よろしくお願いいたします。

基本は繰り返すことに意味がある!

こんにちは!教務スタッフの南です。暑い日が続きますね。暑さのピークは過ぎたといえども残暑が厳しくなりそうです。

さて、今回は野球ファンならずとも名前は聞いたことがあるでしょう、元プロ野球監督の野村克也氏のお話を取り上げたいと思います。最近読んだ本の中に印象的なエピソードが載っておりましたのでご紹介したいと思います。

野村氏が南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の監督だった頃のお話です。当時内野の守備に関しては外国人コーチのドン・ブラッシンゲーム氏(以下ブレイザー氏)が担当していたそうです。彼のノックは正面のやさしいゴロばかりだったので、ある日たまりかねた選手の一人が「左右に散らすゴロも打ってほしい。」と注文をつけたそうです。ブレイザー氏が「正面のゴロが完璧に捕れるようになるまでは、左右のノックはしない。」と答えたところ、その選手も食い下がって言いました。

「それじゃあ、あなたのようなファインプレーができないじゃないか!」

それに対するブレイザー氏の返答はこうです。

「正面のゴロを完璧に処理できる、つまり基本的なことがしっかりできるようになったら、あとはダッシュ力さえつければ、あんなプレーは誰でも可能だ。」

その後、ブレイザー氏のやり方でチームの内野守備はみるみる向上していったそうです。

このエピソードがあらゆることに通じると感じるのは私だけでしょうか。実は私にも似たようなエピソードがあるのです。いつも夏になると思い出すのですが、私が小学校1年生、2年生の頃、夏休みになると決まって母お手製の計算ドリルが用意されておりました。5ミリ方眼のノート1冊分びっしり計算問題が書かれているのです!(いつ作っていたのでしょう…)それには日々のノルマがあり、それが終わるまで遊ばせてもらえませんでした。恥ずかしながら毎日半べそをかきながら問題を解いていた記憶があります。しかし、今ではそんな母に大感謝しております。なぜなら、その後の算数や数学で大きくつまづくことは一度も無かったからです。今思えば小学校低学年の時に算数の基本(足し算、引き算、九九…)を徹底的に叩き込まれたからこそ、その後の算数の内容がしっかり定着していったのだと思うのです。

話は変わりますが、私の目から見るとまだまだ塾生のみなさんの基本問題に対しての意識が低いように思われます。「ほとんどできてるから基本問題はもういいでしょ!」と適当に済ませてしまう人いませんか?正直、基本問題は「ほとんどできる」レベルではダメですよ。「完璧にできる」レベルにしてください。完璧にできるレベルとは何でしょう。友達に教えられるレベル?いいえ、自分で問題と解答を作れるレベルです。それほどまでに基礎は固めなければなりません。私の経験上、受験シーズンに突入しいよいよ入試対策の問題を解こう!となったときに基本ができてる人とそうでない人との差が表れます。基本が完璧な人は入試に近づくほどにグググっと応用力がついてきます。しかし、基本があやふやなままの人はどうしても伸び悩んでしまいます。基本の反復とその定着には時間がかかります。しかし、時間をかけて手に入れたものにはそれだけの価値があるのです。

夏期休業のお知らせ

下記期間を夏期休業とさせていただきます。

休業期間:8月12(日)~8月20(月)

 

なお、休業期間中は電話が繋がらない状態になります。ご了承ください。

また、8月21日(火)10:00より電話受付を再開いたします。

 

どうぞ、事故やケガには十分ご注意されてお過ごし下さい。

二学期を迎える前にすべきこと!!

皆さんこんにちは!教務スタッフの森部です。昼夜ともに暑く過ごしにくい日々が続いています。脱水症状や熱射病に気を付けて、生活を送ってください。

さて夏休みが始まったばかりではありますが,一か月後の九月からは二学期が始まります。内容,ボリュームともに多い当学期。時間に余裕のある今、学習面においてもしっかりと復習をしましょう。また今一度,一学期の反省をしっかりとして二学期に繋げてほしいと思います。悪かったことは何か,良かったことは何か。そして前者は「改善」し,後者は「改良」する。反省するだけでなく,それを行動に起こすプロセスがあって初めて,前進することが出来ます。生徒の皆さんには、今の想いが将来に繋がるという意識を持ち,日々の生活を送ってほしいと願っております!

picture1sel_na5hlfbr6thfpivmeic4gcph65_20130525132358

時は来た‼

こんにちは!実はプロレス好きな一面がある、教務スタッフの南です。梅雨も明けていよいよ夏本番ですね!連日暑い日が続いています。クーラーの効いた部屋で過ごすことも多くなる季節なので、体調管理には気を付けましょう!

さて、今回のタイトルですがプロレスファンの人にはピンとくるかもしれません。「時は来た!…それだけだ」といえば、そう、当時新日本プロレスの若手選手だった橋本真也選手が当時人気でベテラン選手だったアントニオ猪木選手との大きな一戦を前にして、記者から意気込みを聞かれたときの言葉です。名言というか迷言として語り継がれていますが、詳細が気になる人は検索してみてくださいね(笑)

今回お話ししたいのはもちろんプロレスの話ではありません!「時は来た‼」というのは、いよいよ受験生にとっての天王山、夏休みを迎えたということです!中3、高3の人にとって本当に重要な時期であることは言うまでもありません。ここでどれだけ勉強を頑張れるか、やり切れるか、ということは受験の結果に大きな影響を与えるでしょう。私自身夏休みを思い返してみると、真っ先に思い浮かぶのは中3の夏休みに毎日学校と図書館に通い詰めていた思い出です。中学生の時は卓球部に所属していまして、暑い中、体育館の窓とカーテンを閉め切って汗だくになって部活をやっていたことを思い出します。部活を引退した後は、それこそ開館時間から閉館時間まで図書館で缶詰になって友人と受験勉強したなということを思い出します。正直しんどかった思い出ばかりですが、今思うと本当に充実した濃密な時間を過ごしていたなと感じます。大人になった今では体験できない貴重な経験でした。受験生のみなさんにはぜひ「しんどかったけどいい夏だったなぁ」と思えるような過ごし方をしてほしいと思います。

まだ話は終わりではありません!受験生以外のみなさんにとっても夏の過ごし方が重要であることには変わりありません。むしろ、私としては受験生でないからこそこの夏に頑張ってほしいという思いが強くあります。というのも、学校の授業がストップするこの時期、勉強をやる人とやらない人の差が顕著にあらわれるからです。1学期の成績がどうであれ、2学期の成績がどうなるのかはこの夏の過ごし方がカギを握っているのです。1学期を振り返ってみてください。例えば中学生のみなさん、中間テストは余裕をもって対策をできたかもしれませんが、次の期末テストまでは1か月足らずしか期間が空いておらず、時間が足りない!とあたふたした人が多いのではないでしょうか。このままだと2学期も同じ状況になりますよ。2学期も中間テストから期末テストまでの間は時間がないので、厳しいスケジュールの中でテスト勉強をしなければなりません。じゃあどうすればよいのか、それはもう早めの対策しかありません。学校の授業がストップしている夏休みの間に勉強の貯金を作っておくのです!「でも、1学期の復習もしないといけないんじゃ…」と思った人、その通りです!今までの復習も2学期の予習も全部しないといけないんです!それが現実なんです。あとはやるかどうか、みなさんならきっとできると期待してますよ!

ちなみに、冒頭で述べたプロレスの話ですが実は対戦相手のアントニオ猪木選手も名言を残しているのです。「(若手に)もし負けるようなことがあったら、勝負は時の運という言葉では済まないことになりますが?」という記者からの問いかけに対して、「出る前に負けること考えるバカがいるかよ!」と記者に張り手を見舞ったのです。半分は演技だったのでしょうが、「俺はできる!」という自己肯定感の塊みたいな言葉で熱い気持ちになりますね!

sunflowers01